「おじいちゃんと」 ななほ

8月9日 日曜日
・おじいちゃんと

 午前の最初に、盛男おじいちゃんと3枚の畑を回らせて頂きました。
 おじいちゃん、ゆりかちゃん、なつみちゃんと一緒に、まずは斜畑の里芋を見に行き、畑についた瞬間に、おじいちゃんが「まず植え方が違いますね」と話されていて驚きました。

 里芋は水が多い場所が好きというイメージが強すぎて、斜畑は良いんじゃないかと思っていたのですが、今年は曇りの日が多いのと、斜畑は日陰も多い為、里芋が光を求めて、光合成を求めて、茎を長くし、葉を大きくしているのだと教えて下さいました。

 おじいちゃんがその野菜の原産地から考えて、里芋の場合は、東南アジア原産だから、光も水も好きだということ。
 また、土寄せの時に1回目、2回目、3回目と5センチずつ土を寄せると良いと教えて下さり、同じタイミングで土を寄せ過ぎると窒息してしまうそうで、おじいちゃんが心の目で野菜を見て、判断して、おじいちゃんの知識を共有して頂けるのが本当にありがたいなと思いました。

 そのまま第一鉄塔畑の里芋を見に行ったのですが、やっぱり斜畑に比べると背丈が低かったです。
 里芋のついでに、白大豆も見て下さり、水やりをした方が良いことや、牛肥の追肥はしない方が良いこと、追肥をし過ぎると、身体だけは大きいけれど弱弱しい大豆になってしまうことなどを教えてくれて、とても勉強になりました。

 また、水やりの頻度なども小豆、白大豆、黒大豆と説明してくださり、その畑をちゃんと評価して、これからも見ていきたいと思いました。
 大豆類は畑も多く、見回りに行けていなかったり、見に行くとしても近場や、作業で畑に行った時などだったので、自転車も車もつかえないけれど、誰かに助けてもらったり、チームの人ともっと連携をとって、ちゃんと私も把握していたいと改めて思いました。

 おじいちゃんが畑の帰り道に野草についても教えて下さり、初めてオオバコが何か知りました。
 今までオオバコとスイバなど何が何か分からなかったのですが、おじいちゃんに教えて嫌だいてから、オオバコが沢山目につきました。
 みんなが足でオオバコを踏むから、種が散らばり、どんどん列の様に生えていると教えて頂けて面白いなと思ったし、オオバコはたんぱく質が2パーセントあるそうで、人間も食べる事ができると知って興味深いなと思いました。

 改めて動物がすごいなと思ったし、動物は色々な物を食べてみて、美味しいものが分かっていると教えて下さり、おじいちゃんが人間も昔から、何を食べたらいけないとか、毒とかを色々な情報から学んでいるから分かると話してくださり、当たり前のことかもしれないけれど、改めてその通りだなと感じて、私も日々学んで、挑戦して、成長したいと思いました。

 また小鳥はヒエが好きということや、里芋の親芋を植えるお話、土とわらと籾殻での貯蔵方法などを教えて下さり、おじいちゃんの笑顔や、声が嬉しくて、車の中でもおじいちゃんが「親戚の人と電話した時に、70人の孫と暮らしていると話したら驚いていた。」と話して下さり、本当におじいちゃんと過ごせるのが嬉しなと心から思います。

 ゴーヤの畑も見て頂けて、畑についた瞬間におじいちゃんが、「これは理想的ですね。よくできています。本当にいい、理想的だ」と何度も話して下さって安心しました。
 昔は沖縄の人しかゴーヤを食べていなかったそうなのですが、『美海』というドラマでゴーヤが出てから、みんなが食べ始めたと話して下さり、おじいちゃんのお話が面白かったし、ゴーヤが黄色くなった時、赤い実を食べると美味しくて、甘いけれど後で苦みを感じるそうで、私も赤いゴーヤの種を食べてみたいなと思いました。

 またゴーヤが胃の薬になると教えて下さったり、ゴーヤの事もたくさん聞かせて頂きました。
 一番は、日照不足なのか、病気なのか、ゴーヤの葉が黄色くなって枯れてしまうことについて質問させて頂いて、おじいちゃんが「無病息災なんて、できないもんだよ。うどんこ病でもないから問題なし」と話して下さり安心しました。
 それぞれの野菜に適地があるように、ゴーヤの適地も野畑だから、その畑でできる限りの事をしようと思いました。
 少し心配し過ぎだったかなとも思ったのですが、今後もゴーヤを毎日見て、手入れをして、ゴーヤをもっと好きになります。

 夜、おじいちゃんにゴーヤをプレゼントしに行かせて頂いた時、おじいちゃんが「肝心な事を忘れてしまった」と言って、葉っぱが黄色い原因を教えてくださいました。
 おじいちゃんの表現が素敵で、分かりやすく、結果的にゴーヤは収穫した所から、もう力を尽くし切って、枯れてしまうと教えて下さり、これで自分の中でも納得したし、安心しました。
 またポポーのお話や、お昼にはパン作りのお話、見回りの最後には「烏山の子だったよね」と言われ、1年半前におじいちゃんに「栃木の子なのか、どこの場所だ」と聞かれた時の事を思い出して、ちゃんと覚えていてくれて、烏山の事も、私の事も覚えて下さっているのが本当にありがたいなと思ったし、私はどこまでもおじいちゃんの孫なんだなと思いました。
 本当におじいちゃんから、たくさんの事を教えて頂けるのが嬉しくて、毎週来て下さるのが本当に嬉しいなと思います!

 

・ソバの収穫と、桃作業

 午前の後半は保育園前畑の側の収穫をさせて頂き、物凄く暑かったのですが、目標1日だった作業が、半日で終わりました。みんなのスピード感の中にいられて嬉しかったし、スズメ対ソバの戦いもいよいよ終わると思うとなんだか安心しました。
 午後は桃のブルーシート畳や回収、ネット回収などをして、炎天下の中暑かったのですが、ブルーシートの渇くスピードも速く、ネット回収も、5人で60mほどの巨大ネットを回収するのが面白く、楽しかったです。

 なおとさんリーダーで、力作業も楽しかったし、桃が収穫された桃畑も、また美しく、夏らしく、あんなちゃんの桃畑はどこまでも綺麗だなと思いました。
 今日も一日ありがとうございます。夕食にはスイートコーンや夏おとめの桃も頂けて、桃がものすごく甘く、子供らしい甘さで、「おとめ」という名前が合うなと思いました。