8月5日(水)「草刈りを極めたい!&キャベツの種蒔き」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月5日のなのはな

P8050004

 

 先日、お昼の集合で「草刈りを極めたい人」と聞いたとき、やりたい! と思わず手を挙げました。 
 ずっとやりたかった草刈り。立候補したからには、上手になってとことん極めたい。
 さっそく翌日から、草刈りに新しく入ることになりました。

 今日は、ひろこちゃんと、まりこちゃんとなおとさんと私の4人で那岐山田んぼへ。 
 広く静かな田んぼの情景が、落ち着いた空気感を放ち、刈っていて気持ちよかったです。 
 私は少し斜面になっている畦を刈りました。 稲に注意しながら、フォームを忠実に、自分のペースで刈ることを意識しました。

P8050038

 同じく新しく始めたひろこちゃんも、草刈りが好きだということで、とても楽しそうに刈っている姿を見て、自分も嬉しかったです。

 夕方は、スペシャルゲストに永禮さんが来て下さり、念願だった永禮さんとの草刈りができて夢のようでした。 
 最初に、第一鉄塔畑。 上では永禮さんとなおとさんの男性ペアが、豪快な刈り方で刈っていてかっこよかったです。

 そのあと、梅林へ。 梅の木の周りは刈り甲斐があり、楽しかったです。 

 今日、私は2つ学びました。 
 1つは、必ず斜面は下から刈ること。 そして、2つ目は、木の周りは囲むように刈ると、きれいに刈れること。

 今日できなかったことを、次の課題にして、どんどん改善していけるように、経験を積んでいきたいです。 
 まだ始まったばかりの、草刈り修行。 目標は、どの畑でも刈れるようになることです。 
 今はまだ下手くそだけど、やるからには上手くなれるよう、頑張ります!

(さき)

 

***

 

 梅林奥奧畑でキャベツの種まきをしました。 
 種まきは普段、畑に直まきするのではなく、育苗トレーを使って行なうことが多いのですが、今回は定植するときの効率を考え、キャベツが植わる畑の端に苗床を作りました。

 今回まいた種は第3弾で、850粒ほどです。
 種の1粒は春に収穫した直径30センチ以上のキャベツの玉の大きさからは到底想像できないぐらい小さく、1.5ミリほどしかありませんでした。 指の先でやっとつまめるぐらいで、気を抜くとぽろっと落としてしまいそうでした。

P8050009

 種をまくときには、まず平らにならした苗床の上に5本ほど浅く筋をつけ、5センチ間隔で一粒をそっと置いていきました。 
 その後、上から薄く培土をかけ、種が流れてしまわないよう、ジョーロでやさしく水やりをしました。
 さらに、乾燥してしまわないようにもみ殻燻炭も筋状にのせていきました。

P8050011

 今日は気温も高く、座りながら種をまいているだけで汗が滝のように流れてきました。 
 でも黙々とみんなで作業している時間が楽しかったです。 
 こんなに小さな種から芽が出て、葉が出て、キャベツになっていくのかと思うと、野菜の力って本当にすごいなと思います。

 今までやったことのない新しい方法でのキャベツの種まきでしたが、上手く芽を出して暑さに負けず大きくなってくれたらいいなと思います。 

(えみ)

 

***

 

P8050017
〈今季最後の小豆の植え付けをしました!〉

 
 

 

P8050012
 〈苗床と植え付ける畑が同じ畑で、苗の掘り起こしから、植え付け、水やりまでが流れ作業で進みました〉  

P8050014

 

***

 

P8050002
〈畑の細々作業の時間は、各畑チームで作業を進めています。  畑Bチームでは、秋キャベツ第1弾の土寄せ・害虫チェック・水やりなどをしました!〉  

P8050003 

 

 

P80500071
〈畑の細々作業の時間は、各畑チームで作業を進めています。  畑Bチームでは、秋キャベツ第1弾の土寄せ・害虫チェック・水やりなどをしました!〉  

 

 

 夜7時から9時は、勝央金時太鼓の練習があり、勝央金時太鼓保存会会長の竹内さんから、和太鼓を教えていただきました。 

 

P8050080
〈毎回の練習の初めには、和太鼓を叩くフォームを作るための体操をします〉
P8050082
〈毎回の練習の初めには、和太鼓を叩くフォームを作るための体操をします〉