「キャベツの日」 ななほ

8月3日 月曜日

・好きな気持ち

 昨日の午後に、雨の中、みんなが協力してくれて、キャベツと小豆の植え付けを終わらせることができて嬉しかったです。
 ネット掛けまでが終わらなくて心配だったのですが、朝食前の時間に、何人かの人とネット掛けをしました。
 1人1畝間担当だったので、少し大変な部分もあったのですが、本当にネットかけが私は大好きなので夢中になれました。

 無心になって、効率よく、でもちょっとの隙間もない様にしました。
 白いネットが見えないようにシビアさを持って、でも時間を意識して効率よく、やっぱり早さを目指しながらのネット掛けは最高に楽しいなと思いました。
 その後は、急遽、穴あけドリルの調子が悪かったため、午後に予定していた水やりをすることになり、保育園生の送り迎えと時間が重ならないように、急ぎ足で進めました。

 少し培土が見えてしまった株が多かったのは寂しかったのですが、明日に土寄せの作業を入れたので、またしっかりキャベツが育ってくれたらよいなと思います。
 水やりまでが終わり、8時40分からは古吉野で玉ねぎの選別もして、朝からものすごく汗をかいたので、丁度良いクールダウンになったし、選別の作業が私は本当に好きなんだなと改めて感じました。

 秋キャベツ第1弾が無事に保育園前畑に植わり、昨日は植え付け後すぐに雨が降ったので、恵みの雨となりました。
 キャベツのお家もできて、いよいよ秋キャベツがBチームにやってくると思うと嬉しかったです。

 

・キャベツの日よけ作り

 朝食後はキャベツチームの人達でシエスタを最初にとり、その後の2時間で作業をしました。
 穴あけドリルで穴が空いたところに、縦竹をさしていき、それを追うように、何人かの人がかけやで竹を打っていきます。
 縦竹を置き終わった後は、5メートルの横竹を畝間に運び、実際に支柱が立った時をイメージして、間隔を決めました。

 横竹がものすごく長くて運ぶのに時間が掛かってしまったのですが、気が付いたら終わっていて、直ぐに支柱立てに入りました。
 支柱立てをするのは久しぶりだったので、最初は思い出す所から始まったのですが、抱っこちゃん結びも八の字結びもやっぱり楽しいなと思いました。
 全ての竹を縛り、固定したら、あっという間に12時の鐘が鳴り、1時になっていて、気が付いたら昼食の時間でした。

 本当にあっという間に時間が過ぎてしまったのですが、キリの良い所まで進める事ができて嬉しかったです。
 そして、午後にも同じメンバーで、支柱立ての続きをして、無事に縦竹と横竹、補強竹も全て固定できました。
 その後は、白の寒冷紗を広げ、みんな出かけて行ったのですが、これがまた難しく、まえちゃんの指揮の下、役割通りにみんなで動きました。

 全部で3枚の紗を使ったのですが、最後の紗は70メートル以上あるんじゃないかという位巨大で、全員で運び、全員でかけました。
 頭と体を使って、適度な厳しさとスピード感を持って、効率よく作業をできた時間が嬉しかったです。
 本当に色々な作業ができて、1つ1つの工程があるから成り立っていて、最後に完成した時は涙が出そうになりました。

 ここで過ごしたいなと思ったし、ここに泊まりたいなと思ったし、こんなに素敵なテントを持っているキャベツが羨ましくなる位でした。
 お父さんとお母さんにも見て頂けたらなと思うし、まえちゃんやしほちゃんがリーダーで進めてくれて有難かったです。

 

 今日は朝から蒸し暑く、立っているだけでも汗が湧き出てきました。
 3時の時点で空は曇っていても、物凄く暑くて、背中も手も汗でビショビショで、夏だなと思いました。
 最近、身体が重くて、また1日中眠たくて、動きにくさを感じていたのですが、サマータイムだったので、シエスタがあったり、ゆったりモードの時間も休ませてもらったり、朝も7時から作業なのに、6時55分に起きて、久しぶりにこんなに眠れたのが嬉しかったです。
 まだ少し疲れがとれていないので、今日も早めに休みます。おやすみなさい。