7月23日(木)「田んぼと畑をフィールドに! ――田んぼと畑の草取りーー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月23日のなのはな

P7230006

田んぼ足袋をはいて、私の腰ぐらいの草丈になった稲の間を進んでいきました。
田んぼは中干しが終わりました。ひえを鎌で刈りながらずんずん進んでいきました。

ふと顔を上げると、田んぼの真ん中にいました。
一面濃い黄緑色の稲がそよそよと揺れて波のようでした。
緑の海の中をオールを漕いで進んできたような気持ちになりました。
思わずうっとりしてしまいました。

P7230027
〈稲の根元にある、赤ちゃんの穂です〉

今回は桃横田んぼと交番先田んぼの草取りに行きました。稲とひえはすごく似ていました。
茎と葉の境のような部分に毛が生えていなくて、根元が少し赤いものと教わりました。
最初は難しくて、でも慣れてくるとすぐに分かるようになりました。
株と株の間だけではなくて、稲のすぐ隣にはえていました。
終わった時、田んぼが遠目にも、すごくスッキリして見えました。

P7230016

草取りが終わった後、株を手で軽く握って、株の中から1番大きい稲を1つ選びました。
それを摘んで丁寧にむいていきました。
中から白くて直径5ミリ、長さ3センチほどの毛が生えたふわふわしたものが出てきました。
稲の赤ちゃんでした。これからの稲の成長も楽しみです。

(みほ)
 
     

*** 

P7230033

嬉しい祝日。りゅうさん、お仕事組のみんなも揃って、大豆畑の草取りに行きました。
1枚目の畑は、白大豆が植わる畑。面積、畝ともに規模が大きい畑です。
作戦は、1ペア1畝制。
大人数で作業をするときのコツは、
畑に人を散らすことと、お父さんに教えていただいたように、
長い1畝に2人が入って、端に向かって、ひたすら草を取りました。

夏は雑草の勢いも激しく、大豆の背丈に負けんじとばかりに、グングンと伸びています。
厄介だけれど、刈り甲斐がありそうだとやる気にもなりました。
スピード重視。大きめの草を中心に鎌を使って、ガッガッと刈っていきました。
株の横には大豆にそっくりの雑草も。そういった草丈の大きい草を刈るほど、視界が開けて、
畝の上がきれいになってくのがわかって、気持ちがすかっとしました。
ペアの子と言葉を交わさないけれど、お互いにスピードを感じ合って、
手を止めることなく、ただただひたすら前へ前へと進んでいきました。
気がついたとき、端まであと1メートルになっていました。
長いと思った畝も、夢中になっていたら、何てことなかったと思いました。

さあ、次の畑へ出発。
2枚目は第一鉄塔畑の白大豆の草取りに行きました。
「今から、草取りオリンピックをします!!」
カブトムシチーム対クワガタチームに分かれて、草取り対決が始まりました。
それぞれ端々の畝から中心に向かって進んでいき、
先に真ん中の畝に到達したチームが勝利です。
わたしはりゅうさん率いる、クワガタチームとして臨みました。
今度は1畝に10人ほどが入り、自分が担当する範囲はほんのわずか。
畑の土は昨日の雨で湿っていて、おかげで草も抜きやすく、1分も経たないうちに
次の畝、次の畝へと進んでいくことができました。

P7230028
〈大豆の花が咲き始めています!〉

りゅうさんの勢いを感じると、そのスピードにのるように、みんなの手も速まっていきます。
見事に先にゴールをしたのは……!

りゅうさん率いる、クワガタチームでした!
でもそれも本当に本当に僅差。
すぐ目の前にはカブトムシチームの子たちも勢いよく、草を取っていました。
ものすごい勢いで第一鉄塔畑を終え、最後の1時間で、縦長の小豆畑へと向かいました。
ここは、この日、草取りをしたなかでも最も広い畑で、
大人数で植え付けをした小豆の畑です。
畑を見渡すと、やっぱり、「広い!」と思ってしまいました。
それでも大変さを楽しさに替えてしまうのが、なのはな。

畑を全部で4スパンに分け、
1スパンごとに掛け声を替えながら、草を取っていくことになりました。
「それでは、ここでは”りゅうさん”になって返事をしてください!」
のりよちゃんが言います。りゅうさんと言えば、「はいよー!」
「次の畝入ります!」「はいよー!」
返事1つで一気に活気が入りました。
本人りゅうさんも誰よりも大きな声で、「はいよー!」と返事をして、みんなが笑いました。
2スパン目、3スパン目も、掛け声を変えながら、どんどん草取りが進みました。
言葉1つだけでも、とても大きいのだと知りました。

P7230037

 時刻は16時50分。残り時間は10分。
これまで1スパン15分で進んできたわたしたちにとって、
ラスト4スパン目は終わるかギリギリの瀬戸際でした。
草を取るスピードはさらに増します。

最後の畝の草取りが終わったと同時に、17時のチャイム音が聞こえてきました。
時間内に目標のところまで、みんなと終えることができたんだと思いました。
スピード感や勢いはすごかったけれど、なぜか疲れは全く感じていませんでした。
明日も休日で、りゅうさんやお仕事組のみんなも一緒に、
また大人数で楽しく効率良く作業ができたらいいなと思います。

(るりこ)   

      ***

DSCN8419
〈桃のネット作りを進めました。 これまで確立してきた作り方や役割で 効率よくネット作りを進めることができました〉
DSCN8382
〈桃花作りも進めました! 今回は『おかやま夢白桃』の桃花を作りました〉

   ***  

P7230042
〈恐竜の卵!? ではなく、1週間前にみんなで収穫をした、 ジャガイモのデストロイヤーです。 明日は、みんなでジャガイモの貯蔵をします〉