第41回『花水木(ハナミズキ)』

この花は、本当はこの世のものではない
  そう思えて仕方がない
   その花は雄弁に幻想的な物語を
         いまだに語り続けている
      それは空から舞い降りてきた天女たち

一青窈が「ハナミズキ」で、
   君と好きな人が 
      百年続きますように と歌えば、
お母さんは、なのはなファミリーに
   そんな思いを込めて
        「ハナミズキ」を植樹した

ハナミズキは、別名アメリカヤマボウシ
  日本にも古来からある山法師はミズキ科ミズキ属で、
        万葉の古人もこのヤマボウシに天女を見た
 吉野川で鮎を穫る梁(やな)を仕掛けていた漁師が、
   梁にかかった柘(つみ・ヤマボウシのこと)の枝を持ち帰ったら
    美しい女性に変身したので妻にしたところ、
        不老不死の極楽世界を味わうことができた
         しかし、その女性は突然、天に登ってしまう

   この夕(ゆうべ) 柘(つみ)のさ枝の流れ来ば
          梁(やな)は打たずて取らずかもあらむ

 
 この夕暮れに、ヤマボウシの枝が流れてきたとしても、
   私は梁を仕掛けていないし、きっと取ることはないだろう
     たとえ美しい女性に変身したとしても、
        突然の別れが来るのは耐え難いだろうから

〈撮影場所:なのはなファミリー花壇〉