第40回『チューリップ』

そのかたちは、舶来のワイングラス。
  遠い、遠い、見知らぬ国で、
    金色の髪をした娘達に愛でられ、
      音楽の調べのような言葉を聞き、
         優雅に咲き誇ってきた歴史が誇り。

  ところが、ごめんよ。
    花開いてみたら、こんな異国の庭の片隅で、
      知っている人もなく、
           言葉もわからない人ばかり。
   悲しまないでおくれ。
      そんなに黙りこくっていたら、
           僕まで悲しくなってしまう。

〈撮影場所:なのはなファミリー花壇〉