第39回『シロバナタンポポ』

その昔、早春の野原で男の子たちが遊んでいた。
  1人の子が芽生えたばかりの葉を見て言った。
「あ、タンポポが出ている」
  他の子たちはそれを見て、口々に反論した。
「嘘、言うな」
「こんな小さな葉で、タンポポかどうかわかるものか」
   男の子は答えた。
「この葉はタンポポの葉だよ、僕にはわかる」
   他の子たちは、挑戦的に言った。
「じゃあ、みんなで覚えておこう。これがタンポポかどうか」
   やがて、その小さな葉が大きくなり、
         中心から伸びた茎に花をつけた。

「ほら、みろ。やっぱりタンポポじゃなかった」
    見れば、白い花を咲かせている。
「タンポポなら、黄色い花のはずだ」
    確かに形はタンポポだが、白い花――。
         それはシロバナタンポポだった。
  男の子は思った。
   知らなかった。
    白いタンポポがあるなんて……。
  自分は植物に詳しいと自惚れていたが、
     もっともっと勉強しなければならない。
  やがて男の子は江戸期を代表する本草学者に成長した。
 白いタンポポを見る度に、
          その逸話を思い出す。
 ただそれが、「大和本草」の貝原益軒だったか、
   本草学者の平賀源内の幼い日のことだったのか、
                   忘れてしまった。

〈撮影場所:選果ハウス周辺〉