第38回『菜の花』

 

ある若い母親に女の子が授かった。
         超未熟児だった。
「この子は重い障害があり、
        一生、寝たきりです」
       医師の言葉が胸に刺さった。
 どうしたら、いいだろう。
  この子のために、私は何ができるだろう。
            母親は必死で考えた。
  もしも、本当に一生、寝たきりなら、
            歩けないのなら――。
  この子のために、都を作ろう。
    歩けないとしても、
     みんなが都に通ってくれたらいい、
      この子のもとへ大勢の人が、
             通ってきてくれたらいい。
  そう、菜の花が咲き乱れる庶民的な都、
        菜の花の都なら寂しくない、
           名前を菜都と名付けた。

それから30年以上もの年月が流れた。
 菜の花の都を作る仲間集めに奔走した年月は、
  なのはなファミリー設立へとつながっていった。
 そして、寝たきりと言われた女の子は、
 いまなのはなファミリーの中を車椅子で疾走し、
   買い物や来客の送迎を自分の車でこなし、
  たくさんの女の子のなかの1人として、
   そして頼れるスタッフの1人として、
           元気にすごしている。
 1人の若い母親に、
  生きる希望を与えた花、
   そして誰もが生きられる道を求め続ける花、
         菜の花、なのはな。

 

 

〈撮影場所:古畑〉