第35回『ムスカリ』

それは今から16年前の春のことだった。
  なのはなファミリーに初めて集った数人で、
   慣れない土地の散策に出かけた。
    岩見田から位田へ、
     田んぼの畦や畑のなかの農道を、
       お互いに気遣いを隠しながら――。
 
吉井川の土手から位田の集落に入る手前、
   僕たちは空き地の片隅に眼を奪われた。
 鮮やかな「青」の群れ。
  小さいが鮮やかに放つ青に吸い寄せられて、
       その青の前に跪(ひざまず)いた。

小さな丸い青の花がツリーの形に寄り添う様は、
 不思議で、可憐で、愛おしく、
    妖精の世界を目の前に見る思いがした。
      ムスカリの花言葉は「通じ合う心」。
――こんなふうに力を合わせて生きなさい。
心細い気持ちでなのはなファミリーに集った子たちに、
   神様が教えるように見せてくれたもの、
            それがムスカリだった。

〈撮影場所:なのはなファミリー花壇〉