第34回『梅』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬は白。
  寒い、寒い、白。
      悲しい白。
       寂しい白。

悲しみに耐えて、
  寂しさを湛えて、
   寒風に耐えながら、
      梅は白を貯め、育んでいく。

やがて梅は、
  はちきれんばかりになった白を、
    春の兆しを告げる陽光のなかで、
        誇り高く開いてみせるのだ。

悲しみの白が胸を打つのか、
   寂しさの白が胸を打つのか、
     寒さの中で梅の花を見上げると、
      言葉にできない感傷に心を揺さぶられる

その悲しみの白の奥に隠された蜜を、
   メジロが細い舌でなめとるために、
     今日もやってきた。
       でも、悲しみは忘れない。
        証しの白を、眼の縁に彩りながら。

〈撮影場所:梅林〉