第33回『クロッカス』

春まだ浅い白い土より
   細い細い葉が頭を出し
     細く細く緑の葉を伸ばし

こちらから、そちらから、
   いくつも、いくつも葉が伸び
   
春まだ浅い白い土を割って
      蕾が頭をもたげ
           蕾が伸び

ここにも、その隣にも、
  そしてこちらにも、その隣にも
         いくつもの蕾が伸び

朝陽が届くのを待ちかねたように
   蕾たちは一斉に、
    春の陽光の中で次々に花を開いていく

クロッカスの花たちの、
   その柔らかい色、嫋やかな姿、
     無邪気に、純粋に、
        春の喜びを歌い上げる

そして1日中、春の宴を楽しんだ花たちは、
  なんということだ、
    陽が西に傾くと、
      夜の寒さに備えるのか、
           次々に花を閉じていく
  小さな、ちいさな、僕の妖精たちよ!