第32回『パンジー』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今日、学校が終わったら、家に来ない?」
 僕は返事をするのも忘れて、
   ぽかんと口を開けていただけかもしれない。
 密かに憧れていた女の子に、
  思いがけず、自宅に誘われたのだ。
    僕は夢見心地のまま、彼女の家を訪ねた。

大きな屋敷の広いダイニングで紅茶を飲んだあと、
         案内されて、裏庭に出た。
 一面に咲き揃ったパンジーの群れ――。
           時が止まった。
    魔法にでもかけられたような、
            静寂の空間。
 いつもの静かで、
  深い思索の中にいる彼女が、
   パンジーと饒舌に心を通わせているのを、
          ただ、ただ、見とれていた。

目の前のパンジーに目を凝らすと、
 いまでも、瞬時にその中庭の情景へと誘われる。
  遠く手の届かない憧れの世界、
           どこまでも深い情緒の海。
   その美しさの欠片でも受け止めたらと、
     あの時と同じように、僕は息を止め、
         己の気配を消すしかないのだ。