ベストオブ日記

「たくさん感じられるように」 さくら

1月27日

昨日、吉畑奥のほうれん草の畝づくりをまちちゃんリーダーでやらせていただきました。やよいちゃんが、まちちゃんと私でほうれん草の担当をしてほしいと言ってくれて、計画を立てました。畝たての人数が25人と聞いて、計画を進めるごとに緊張を大きくしてしまいました。まちちゃんが、私のことを、畑のこと詳しくて頼りにしていると言ってくれたのですが、虚栄ばかりで、正しいことはあまり分かることができていないと思います。まちちゃんも、25人と聞いて、すごく緊張していたと思うのですが、作業中はそれを周りの人に見せなくて、本当にすごいなと思いました。周りの人に優しくて、責任感が強くて、大人で、かっこいいなと思います。
最近、私は誠実の意味を間違っていたなと気が付きました。今までなぜか、誠実であろうとするほど、良い人のフリをしてしまっていたのですが、それは不誠実で、ただの良い人のフリだなと、思いました。誠実というのは、嘘がなくて真面目であることだと辞書にありました。自分にも周りの人にも正直になってみたら、そのほうがずっと気持ちが良かったです。

今朝、春夏野菜のための新しいAチームファイルを作りました。今までは、ここからがこの野菜という目印の付箋が、見にくかったのですが、今回は、見やすくできたと思います。ゆいちゃんが見出しのようなところを、筆で書いたようなかっこいい字にしてくれました。言葉にするのが難しいので、時間があったら、みんなに見てほしいです。

午前中は、はじめにフルメニューの室内バージョンをしました。2年生教室で輪になって体幹トレーニングをしました。パソコンがなくて、なおとさんが話術で盛り上げてくれました。内容を忘れてしまったのですが、楽しかったです。30秒体勢をキープするときに、しりとり一周チャレンジをしました。一周まわせるかまわせないかギリギリの人数で、とても楽しかったです。さきちゃんの、「ウルトラマン母」というのが面白くて、トレーニング中に笑うと、筋肉に効いている感じがしました。私は、サイドプランクという、体を横にして、片腕をついてお尻をあげて、つま先から頭まで一直線にする体勢が苦手で、お尻が持ち上がらないのと、腕の筋肉が足りなくて、途中でやめてしまいます。プランクも苦手だったのですが、数日前はじめて1分間キープすることができたので、みんなと鍛えて、もっと使いやすい体にしたいです。

フルメニューの後に、畑のチーム作業をしました。私は、セロリとアスパラ菜の水やりと収穫をしました。水やりが畑作業のなかでトップ5に入るくらい好きなので、最近たくさんやらせてもらえて、すごく嬉しいです。土が水を吸ってくれるのが気持ちが良いです。野菜が水をどうやって吸っているのか、見てみたいです。
その後に、落花生の殻剥きをしました。硬い落花生と格闘して、殻をむいていくのが楽しいです。なつみちゃんが教えてくれた、蔓とつながっていたところに力をいれて割るというのが、やりやすくて早かったです。殻剥き選手権が何分かおきにあって、それがすごく楽しかったです。選手権となると、アドレナリンがいっぱいでるような感じがしました。いつもより指の力が倍になって、3秒に1個ペースで剥けて、嬉しかったです。

昼食後の野菜切りは、ジャガイモの皮むき乱切りでした。やよいちゃんが、皮むき競争をしようと言ってくれました。お昼の野菜切りは、やよいちゃん、なおとさん、ゆきなちゃん、私の、4人でやっています。最近はいつも皮むき競争をしています。本気で全力で、すごく楽しいです。対戦中はスピードを重視していて、皮むきが終わってからまわりをみると、皮を入れていたつもりのボウルの中には皮はすこししかなくて、台所を散らかしてしまっていました。いつも、はじめは、なおとさんのスピードがすごい! と思うのですが、勝つのはゆきなちゃんか、やよいちゃんです。「あれっ!?」って言って笑っているなおとさんが、面白いです。対戦中に、やよいちゃんがクイズを出してくれました。ジャガイモの名前の由来は、(詳しいことは忘れてしまったのですが、)ジャカルタというところからきているそうです。4人とも負けず嫌いで、勝負をすると、野菜切りがたくさん進んで、楽しいし、嬉しいです。

今日はお昼の集合の時間から味噌作り第2弾をしました。はじめに家庭科室の掃除をしました。今日から家庭科室が麹の住むところになるので、いつもより丁寧に掃除ができて嬉しかったです。
米研ぎをさせていただきました。去年の味噌づくり以来でした。今回は、1樽はコシヒカリで、もう1樽は光新世紀です。私は光新世紀を1升ずつ、3回研ぎました。お米に触るだけで嬉しくて、ああ味噌づくりが始まるんだなと、嬉しくなりました。私は米ぬかの、感触や香りが好きなのですが、麹菌は嫌いだそうです。ちゃんと繁殖できるように、普段のお米研ぎよりもしっかりとぬかを落としました。水を入れるとぬかで白く濁るのが面白かったです。普段お米研ぎをしている、ふみちゃんやまりこちゃんが、コシヒカリよりも硬いと教えてくれました。品種によってどんな違いがでてくるのか、見られるのが楽しみだなと思います。1回目研ぎおわって、次研ぐお米をボウルに入れた時、研いだお米と研いでないお米とで、こんなに色や香りが違うんだ、と驚きました。

その後に、麹箱の煮沸殺菌をしました。麹箱は須原さんが作ってくださったものと教えてもらって、箱も手作りで、すごいなと思いました。煮沸をして、布巾でふいたあと、箱から湯気が出ていました。家庭科室では、なるちゃんとみほちゃんとななほちゃんが、麹のお家を作ってくれていました。ビニールの上に布がかかっていて、布の上に毛布がかかっていました。毛布は花柄ですごくかわいくて、ゆりかちゃんが買ってくれた洗濯ばさみが、ピンクや黄色や紫や水色で、かわいかったです。屋根からペットボトルが突き出ていました。明日の種付けがますます楽しみになりました。家庭科室で焼き芋をいただきながら、味噌づくりのことをメンバーのみんなと話していました。なるちゃんが、ここに麹菌がいるんだよ、と、見せてくれました。緑色でした。「こんなに近くにいたんだ。私たちの話聞こえてたんだね。」と話していて、その暖かい雰囲気が嬉しかったです。6時まで作業をする予定が、お米研ぎに3人の人がヘルプにきてくれたこともあって、1時間早く、5時に終わりました。明日は朝食前から準備があるので、頑張りたいです。

夜の集合で、お父さんに幸せについて教えていただけて嬉しかったです。幸せは目的ではなくて、そのあたりにたくさんあると教えていただいて、それをたくさん感じられるようになりたいなと思いました。図書係便り、2月号お楽しみに。おやすみなさい。