なのはなファミリーで見られる花

第31回『椿』

知らなかったのだ
 君が椿だったということを
 
そう、知らなかったのだ
 ずっとずっと前から、君がすぐそばにいたことを
 
気付かずにいたとはいえ、
 何の気遣いもせず傍若無人に振る舞っていた
 
君は揺るぎのない存在感でそこにいた
 小鳥達に憩いの場を与え、
  夏の盛りに日陰を作って人を休ませ、
   それが君の仕事なのだとばかり思ってきた

紅色の花を、朝陽の中に見つけたとき
   僕は一瞬、息が止まった
 深い感慨に襲われ
  身動きできなくなった

TSUBAKIという生命を、
 たった1つのかけがえのない命を、
  君はこんなにも美しく生きていたのだ

僕はなぜか己の驕りに恥ずかしさを覚え、
 ただ祈るように、すがるように、
  いつまでもその紅色を見つめていた


〈撮影場所:なのはなファミリー玄関前〉