ベストオブ日記

「世界一楽しい仕事」 あやこ

12月12日

午後、大人数の作業でした。作業を終えた今、いろいろな畑や道を周り、ちょっと旅をした後のような気分です。
一番はじめは、タマネギの追肥と籾殻入れで、河原の畑に行きました。マルチシートに空いている穴に、2グラム程度の肥料を入れて行く作業です。広い畑だし、株数の多いタマネギ、細かい作業、だから、時間がかかると思ったのですが、籾殻入れまで、3時すぎには終わってしまいました。
その後は、ブロッコリーの草取りをし、落ち葉集めに行きました。暖かい今年は、ウインテーコンサートが終わった今の時期でも、フカフカの落ち葉がまだたくさんありました。
作業が終わった後、古吉野までランニングをして帰りました。突然「2列に並んでください」とやよいちゃんが言ったので、何かと思ったら「みんなでランニングをします!」とのこと。
「イチニ、イチニ」というかけ声だけかと思ったら、お題回しもしました。しかも、マラソン練習のときのランニングのように坂道だけでなく、始まりから古吉野に到着するまで、エンドレスでお題を出し続けました。みんなの答えを聞くのも、自分が答えるのも楽しくて、身体も熱くなりました。
なのはなで今、自分たちがしていることは、どこにも負けない世界一楽しい仕事(遊び)だと思いました。これからもずっと、何をしてもこういう気持ちで仕事をしていけたら、きっといい人生になるような気がしました。