ベストオブ日記

「みんなで表現をしているという意識を」 りな

11月16日

午後は前半の通しをしました。
この前にも前半の通しをしましたが、今日はなおちゃんもお仕事組さん、学校組さんも居て下さってもっともっと本番に近づいたような気がします。
私は、センチュリー・アートの銅像が動く場面が面白いなあと思いました。
あるのとないのでは大違いだなあと思いました。
お父さんのお誕生日会の内容が反映されていてとても嬉しいです。

私は自分の役に精一杯になってしまって何もかもが中途半端になっていたなあと思いました。
例えば机を出すときに汚く出してしまったり、コーラスで視線が定まっていなかったりしていました。
アンサンブルとか劇の時とか、どんな時も舞台に立っている人に気持ちを添わせて、みんなで表現しているという意識を持たないといけないんだなあと、みんなの姿を見て思ったし、今足りてないのはそこなんじゃないかと思いました。
出はけの時も先頭の人に任せるのではなくて、自分でしっかり責任をもって動けるようになりたいと思いました。

どんどんウィンターコンサートの形が見えてくるのが楽しいです。
須原さんが作ってくださった剣に心が奪われました。
ストーンが埋め込まれていたり、細かいところまで工夫されていて本当にお父さんが言っていたようにレベルが高いなあと思いました。
私はファンタジーが好きなんですが、主人公が持っていそうだなあと思って、私も一度でいいからこんな綺麗な剣を振ってみたいなあと思いました。
やよいちゃんやれいこちゃんの衣装もとってもかわいいし、それぞれのダンス衣装も少しずつ違っていて、見ていてとてもウキウキします。
『バッド・ロマンス』の彫刻みたいな衣装は横から見ると仮面と目があって面白いです。
少し寒いけれど、やっぱり衣装を着て踊っていたら全然気分が違って楽しいです。
最後の決めポーズがみんなとそろったときは達成感を感じます。

役で私はまあちゃん、のんちゃん、まきちゃんと一緒です。
夜に演劇練習を誘ってくれて、みんな日に日に良くなっているような気がして嬉しいです。
3人とも練習熱心で、図書室で個人練習をしている姿をよく見かけます。
その姿を見て、私も頑張らないとなあと気持ちを正してもらっていて、お互いにもっともっと進歩していきたいなあと思いました。
私もなおちゃんのように自分のセリフだけではなくて他の人のセリフも暗記するぐらい脚本を読み込んで、当時の様子を全力で再現したいなあと思いました。

今週もりゅうさんが来てくださって、夕食に温かい豚汁を出してくださったりと、色々なところで色んな人に支えられているんだなあと改めて感じました。
明日の全部の通しが楽しみです。精一杯頑張ります。