山小屋便り

【山小屋便り10月号】「エレキギター教室 『ビート・イット』の練習を進めています!

エレキギター教室では、マイケルジャクソンの『ビート・イット』という曲を練習しています。9月中に完成させることを目標としていて、今年のウィンターコンサートでも演奏する予定です。

この曲はとてもシンプルで、ギターは主に3種類のバッキングで演奏していて。間にギターソロが入ります。

パターンが少なく繰り返しの多いバッキングですが、弾き方で聞こえかたやニュアンスが全く違ってきます。

■明確にして

毎週木曜日の夜に、盛上さんがギターを教えにきてくださいます。盛上さんが弾いて聞かせてくださるのを聞くと、同じ音を出していても、ハーフミュートのかけ方、ピッキングの仕方、アクセントや力のいれ具合でも変わってきます。

どんなイメージの曲なのか、どんな音を出したいのかを、もっと明確に持ちたいです。格好良く弾けるようにしたいです。

ギターソロは高度で、アームを使ったりタッピング奏法など面白い動きをしていて、メンバーの2人が練習をしています。

今は、原曲よりも少しゆっくりなテンポで曲に合わせての練習、弾き方で曖昧なところを詰めながらの練習をしています。

ゆっくりなテンポで、奇麗な音で弾けるようになって、バンドのみんなとの演奏に合わせられるようにしたいです。

10月にはバンドメンバーと合わせての発表会を予定しています。教室で盛上さんに教えていただくことを吸収して、良い演奏のできる練習をしていきたいです。