ベストオブ日記

「華やかに明るく」 まよ

令和1年10月21日
鵜の羽フェスティバルのリハーサルへの道中、私はあゆちゃんの運転してくれるエルフの助手席に乗らせてもらいました。一緒に、歌を練習しました。エルフは高く景色が綺麗で揺れがゆっくりとしていてとても気持ちがよかったです。
あゆちゃんの音にちゃんとはもっていて、とても綺麗に聴こえたのが嬉しかったです。
当日は、よしえちゃんも一緒に行きました。3人で歌うとメロディにアルトとソプラノが加わり、ハーモニーがまた綺麗でした。とても安心した嬉しい気持になりました。
帰りに、まゆちゃんも一緒なりました。まゆちゃんの話、反応はとてもわかりやすくて、安心します。わからないことを恥ずかしがらずに等身大をいつも明らかにしています。それがすごく気持ちいいです。まゆちゃんが、安心しているということがすごく大切なことだと思います。みんながそんな風に、安心できる空気を作れる人になりたい、と思います。

私は、今食事の席で毎回自分の視点を必ず入れて話すということを心掛けています。間違っていても、自分がよいと思ったイメージを発信することにしました。家族の団らんの大事な時間が、より暖かい場所になっていくイメージをもちます。間違った判断や、間違った方向にいく発言をしてしまったらどうしよう、などと思う気持ちが前はありましたが、良い時も悪い時も自分の状態をみんなに明らかにして、自分をみんなのために育てなければならない、と思っています。自己否定する時間が、少なくなってきていると感じています。自己否定は、本当は誰も、してほしくないもので、みんなが自分に前に進んでほしい、と思っています。間違ってしまうことや、できてないことを頭で説明しようとすることをやめて、イメージだけをいつも作るようにしていきます。
いつも笑顔で空気を華やかに明るくします。自分の不出来さに拘らずに、みんなが安心する世界をいつも探るアンテナをもちます。過程を大切にします。コンサートの過程を笑顔で楽しみます。
いつもありがとうございます。