ベストオブ日記

「永禮さんの暖かさ」 ななほ

10月20日

今日は鵜の羽フェスティバルがありました。永禮さんの地元のお祭りで、とても優しく暖かい空気のなか、演奏をさせていただけて嬉しかったです。
場ミリに行った時から、とても好意的にスタッフの方が声をかけてくれたり、今日も現地に着いたら警備の方も、地域の方も笑顔で挨拶をしてくださいました。
今朝は朝も早く、少し肌寒く感じたのですが、日中はお父さんと永禮さんのパワーで、綺麗な晴天でした。

控室にいる時、子供たちの声が聞こえてきたり、他の出演者の人の演奏が聞こえてきて気持ちが高まりました。
でも、いざステージに出ると、緊張がほぐれ地域の方の大きな拍手や、笑顔に包まれながら、今度は私たちの明るいパワーでお客様を包みました。
小さな子たちが動き回っていたのに、なのはなの演奏が始まるとパッと足が止まって、私たちの演奏に引き込まれているのを感じました。
「チープ・スリルズ」で出たとき、お客さんの表情が明るくなって、生き生きとしていて、とても嬉しかったです。

お客さんのなかに、応援組のみんながいたり、あゆみちゃんとひでゆきさんの姿が見えて嬉しくなりました。
あゆみちゃんとひでゆきさんが笑顔で演奏を見てくれていて、本当に嬉しかったし、永禮さんや地域の方も、素敵な笑顔を向けてくれていました。
知らない人も、ビデオやスマートフォンで動画を撮っていたり、ラストの『ディス・イズ・ミー』ではお客様が感動して、共感してくれている様に感じました。

昨夜、「一宮小唄踊り」の練習をして、本番に踊らせていただきました。
大きな御神輿の櫓が到着して、衣装を着たまま地域の方と大きな円になって、踊りました。
上品に、優しく、温かい気持ちで踊りを踊っていると、地域の方がうっとりと踊りを見てくださっていたり、大人から子供まで、最後まで嬉しそうに見てくれていてとても暖かい気持ちになりました。
ウィンターコンサートのチラシもみんな、手に持っていて、チラシを貰った方がお父さんが考えて下さったボディコピーをじっくりと読んでいて、ウィンターコンサートに是非、来ていただけたら嬉しいなと思いました。

また、出番を待っている時、6歳くらいの女の子2人が、私たちの衣装を見て「可愛い!」「「何するの?」と好奇心旺盛に話しかけてきました。
その子たちがとても可愛くて、手を振ったらぎこちなく手を振り返してくれたり、ミキサーをしていたお父さんに声をかけていたり、お父さんの横に2人仲良く、座っているのもキュートでした。
鵜の羽フェスティバルには永禮さんの地元だからか、すごく優しい空気が流れていて、子供達もみんなが笑顔で仲良く遊んでいたり、年配の方も協力し合って生活しているのを感じて嬉しかったです。
私も利他心の気持ちを広げていきたいし、暖かい環境、優しい環境を作っていきたいなと思いました。

お父さんは、本番が終わった後、脚本書きに戻りました。もうお父さんの頭の中には、ストーリーがぐつぐつと沸き上がってきているみたいで、とても楽しみです。
夕方に演劇MTもあったそうで、脚本がとても楽しみだし、演劇練習も明日からの音楽合宿も頑張りたいなと思いました。
明日から3日間。音楽合宿第3弾があります。スケジュールが朝から夜までハードなので、少し不安なのですが、お父さんに気持を添わせて、私も限界まで頑張ります!

今日の午後は玉ねぎの草取りのあと、キャベツの収穫と空心菜の収穫、嫁入り作業をさせていただきました。
玉ねぎの草取りはまりのちゃんがリーダーで、目標通りに、とても速いスピードで進められて嬉しかったです。
キャベツの収穫も今季初めてで、(まゆちゃんと3玉収穫したのを別にして、)石の下のキャベツの収穫と嫁入り作業ができて嬉しかったです。
キャベツがとても大きくて、綺麗で、8人だったのですが100玉のキャベツを収穫して、芯カット・拭き・テープ巻黄・ラベル張りなどの嫁入り作業までを1時間以内に終わらせることができました。

そのスピード感も嬉しくて楽しかったし、キャベツがどんどん収穫されて、まだ見ぬ誰かや私たちの元に届くのが嬉しいなと思いました。
空心菜の収穫も5人だったので大変だったのですが、15分で諏訪神社の空心菜の収穫をしました。
とても急いでいたので気持ちも高まっていたのですが、無事に8.8キロの空心菜を時間内に収穫できました。
収穫をしていたら石川さんが声をかけてくださり、枝豆やイベントの話をしたり、「ウィンターコンサートまで50日を切ったな。演劇は始まったか?」と声をかけてくださって、私たちのことを気にかけて下さっていて嬉しくなりました。
石川さんや、永禮さんなどのなのはなを応援して下さる方がいることが嬉しくて、私も諦めずに最後まで向かっていきたいと思いました。

空心菜の収穫と、洗い・選別・嫁入り作業までを45分で終わらせることができて、いつもは1時間以上かかるそうなのですが、とても効率的に良い作業ができて良かったです。
最後の片付けもスムーズにできたし、夕方には大部屋の掃除をした後、楽器の個人練習もできて充実した一日でした。
お父さんが居ないなのはなカレーの夕食が寂しかったのですが、鵜の羽フェスティバルの音響や出店をしていたみんなのお話や、なおちゃんのお話を聞かせて頂けて嬉しかったです。
音響をしていた時の面白いハプニングや、パウンドケーキが大好評だったり、今までで一番商品がはけたお話も嬉しかったです。

夕方、空が水色・赤・黄色のグラデーションになっていて、レインボーカラーの夕空に感動しました。
お父さんのお話を聞かせていただくのが待ち遠しいのですが、明日からの3日間はお父さんが脚本書きなので、私たちも集中してウィンターコンサートに向かいます。
今からバットロマンスのダンス練習と、コーラスバディとダンスバディ。畑の集まりに山小屋だよりの提出に、まだまだやりたい事がたくさんあるので今日はここまでにします。
まずは今から子供組の集まりです。今日も一日ありがとうございました。