ベストオブ日記

「みんなで作り上げていく過程が」 りな

10月19日

今日も雨予報だったのですが朝食前は雨がやんでいて、カブの草取りや小松菜の電気ショックをすることが出来ました。
この前小松菜の土寄せをしたときに根切り虫被害が多くあって今日ちょうど土が濡れていて電気ショックが出来て嬉しかったです。
ネットかけまで終わらせられることが出来なかったので朝食後にしようということになったのですが、さあ行こうというときになって雨が降り出しました。
だからカッパを着ての作業になりました。
足場が悪かったり濡れたりで雨の中の作業はやりづらかったけれど、居室掃除のみほちゃんやまちちゃん、ちせちゃんもヘルプに来てくれてとても心強かったです。
みんなでカッパをきて雨に打たれながら作業するのはあまりないのでそれはそれで楽しいなあと思いました。
これで私達の小松菜も元気に育ってくれたらなあと思いました。

午前はコーラスのバディ練習がありました。
のりよちゃん、しなこちゃん、まよちゃん、ゆきなちゃんと一緒に『ディス・イズ・ミー』と『グロウン・ウーマン』の復習をしました。
『ディス・イズ・ミー』でワと発音するのかオと発音するのかわからないところがあったのでみんなで再確認できました。
のりよちゃんの声は透き通っていてとても聞きやすいなあと思い、のりよちゃんの声をチューナーにして歌いました。
でも波打って聞こえてなかなか合わなかったのですが、「りなちゃんはちょっと低くなりがちだよ」と教えてくれてああそうなんだと気づくことが出来ました。
鏡を見ながらお父さんから教えてもらった「いー」の口を大きく開けるように意識すると自然と高い音が出せて、みんなの声が一本に聞こえるようになって嬉しかったです。
まだ最初からスパンッと音を合わせることが出来なくて初めの音がウワーアンとなってしまいます。
だからこれからのバディ練習では2人の声が最初から綺麗に重なるようにしたいなあと思いました。
あと、本番では踊りながらになるので本番を意識した練習もしないといけないなあと思いました。

柔軟体操の時間、あけみちゃんが『ビート・イット』のダンスの振り付けを教えてくれました。
マイケル・ジャクソンが躍っている振りを私達も習うことが出来るのがうれしいしカッコいいので踊れるようになりたいと思いました。

午後は明日のイベントの場ミリに行っているメンバーがいて、古吉野でお留守番している間紫黒米の選別やササゲの選別、荏胡麻のゴミとりなど様々な作業を進めることが出来ました。
紫黒米は明日のイベントで売るようで、隣ではまっちゃん、さきちゃんがラッピングを進めてくれていました。
紫黒米の中に少しうるち米やもち米が混じっていて、それらを選別しました。
それほど人数は多くなかったけれどササゲよりも選別しやすくて米袋満杯だったのに全部選別し終えることが出来ました。

夕方のABパターンの時間でアスパラの収穫に行きました。
車の窓から空を見上げると綺麗な夕焼けが出ていて、雲がグラデーションのようになっていて秋だなあと感じました。
時間がたつごとに空の色は変化していき、ピンクになった時はとても幻想的でした。
アスパラはもう終盤で収穫量も少ないのですが、中には嫁に行けそうなほど綺麗なアスパラもあります。
今日の夕食にもスープにアスパラが入っていて、まだ食べられるのが嬉しいです。
アスパラは手をかければかけるほど美味しく成長するそうです。
来年はもっと病気対策をしていっぱい収穫したいなあと思いました。

お父さんがついに台本を書き始めたとお母さんから昼食時に教えてもらって嬉しかったです。
ここからウィンターコンサートまで一気に進んでいくんだなあと思ってワクワクと少し不安もあります。
でも、まえちゃんから舞台背景もそろそろ準備すると聞いてまた納涼祭の時のようにみんなで作り上げていく過程が楽しみです。

明日は鵜の羽フェスティバルがあります。私は舞台には出ないけれど、舞台のメンバーと同じ気持ちで向かいたいし、永禮さんや地域の方に喜んでもらえたらいいなあと思います。

明日も精一杯楽しく過ごします。