そうだ、お父さんにきいてみよう!

第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」

【質問】
 我欲と、自分を大切にすることの違いとはなんですか?
 自分を大切にすることと利他心は時々矛盾している気がしますが、両立することはできますか。

 
 

【お父さんの答え】
お父さん:
 これは、どうなのかな……。
 みんなに聞いてみましょうね。自分を大切にするというのと、利他心が、矛盾するかもしれないなと思うか、思わないか。
 矛盾するんじゃないかと思う人は手を挙げてみてください。(2人)
 矛盾しないんじゃないのという人は手を挙げてみてください。(ほぼ全員)
 そうですね。僕は、矛盾するというふうにはまったく思っていないですね。
 「我欲」と「自分を大切にする」というのは、ちょっと違うんですよね。
 我欲っていうのは、自分だけが他の人よりも得をする。そんな欲ですよね。「自分だけが」という欲です。それはもちろん持っちゃいけないんですけど、じゃあ我欲と、自分を大切にするということはどう違うのか。
 すべての人は、自分を大切にしなきゃいけないです。当然ながらね。
 すべての人は自分を好きにならないといけない。自分を好きにならない人は人を好きになれませんよ。自分を嫌いなんですから。
 自分を好きになって自分を大切にする。自分を大切にできない人は、人を大切にできないですよね。上手に自分を大切にする。
 自分を大切にして自分を好きになるということは、自分の身体とか自分の脳みそとか、そういうのは全部、借り物と思ってくださいよ。自分のものは何かというと、魂だけです。霊は自分のものでしょ。だけど自分の身体とか自分の頭とか感受性も、せいぜい借り物なんですよね。これはもう神様から借りてきたと思ってくださいよ。

 ……人が生き物として生まれてくるというときには、神がかり的なことが必要なんじゃないかなという感じがするんですよね。
 今、変なことを、思いついちゃいましたけどね。
 卵から雛が孵りますよね。そのとき、卵の殻をとったらどうなるかという実験がある。発達の様子がよく見える。卵をそっと割って、ラップをして、発達の様子を見る。どんどん、孵っていくんですよね。だけど最後の最後で、雛にならずに死ぬんですよね。卵の殻の中じゃないと結果的に雛になれないみたいで。まだその実験は成功していないんですよ。
 iPS細胞でいろんな皮膚や臓器を移植する、それはできるだろうと思うんです。でもiPS細胞で一人の人間を丸ごと作ることができるか。できないんじゃないかと思う。神様というとオカルトチックな感じがしますが、何某かの意志が働かないと人間はできないんじゃないかと思う。

 人間はなにか役割を持っている、役割を果たすために生まれてきていると思うんですね。この世界にね。それはなんの宗教を持っていようが、持っていまいが、全員一緒。役割が終わったら死ぬんだと思うんですよ。ネズミが1年以下で死ぬように、人間も長生きする人もいる、短く生きて死ぬ人もいる。
 盛男さんが長生きなのは、なのはなファミリーを助けなきゃいけないという役割を背負っているので、なかなか役割が終わらない、という感じ、本当にそう思いますよ、僕は。
 だから、神様から――ちょっとオカルトチックになりますけど――神様からもらった命で、神様から借りた身体と頭で、何事かを果たすためにこの世界にやって来た。そのためにみんなも生きているんです。だから、言ってみたら、人間は全員が使わされし者なんですよね。この世に、使いに出されている。
 それなのに、自分はいっちょ前だと勘違いして、何でも一人で決めて、何でも一人でやっていくというような、神をも恐れぬ自信と、神をも恐れぬ行動をしていたら、それはつまずくでしょう、というふうに僕は思うんです。
 だから、好きなことをしていいんだ、法律を侵さなければ好きなことをしていいんだという人、神をも恐れぬ人はどこかで罰が当たると思う。我欲を持っている人は神を恐れぬ人ですよ。法律には引っ掛からなければいい、いっぱい頑張って褒美をもらって、みんなから羨ましがられたり褒められたり、みんなよりうんとお金持ちになって何が悪いことがあるんだ、そういう大威張りな考え方。一見、間違いじゃないんですよ。
 だけど根本のベースが違うでしょうと思います。努力してなにか得るのはいいですよ。だけどそもそもスタート時点で、自分の能力をこの世でひけらかすために生まれてきたんじゃなくて、自分の能力をこの世で役立てるために生まれてきたんだ、みんなにプラスの影響を与えられる存在になっていくことだけが正しいのであって、目的と手段を履き違えてはいけない。
 だから自分を大切にすることは目的じゃないですよ。自分を大切にするのは当たり前の話ですよ。前提ですよ。
 目的は、この世でなにか役に立つことをするために生まれてきた。うまいものを食ってディズニーランドで遊ぶために生まれてきたんじゃない。自分が褒められることが目的じゃない。振り返ってみたら、褒められていたな、というのはそれはいいことをしたということだからいいんだけど、褒められたい、立派になりたい、高い評価を受けたいということは目的にしてはいけません。それはあくまで、結果でしかないですよね。
 より自分の能力を最大限に使ってより多くの人にプラスの影響を与える人になっていきたいなということは、自分を大切にすることであり、利他心であり、全く矛盾しない。それは、我欲とはぜんぜん違うものです。そういうことなので、どうぞご理解ください。

 
 

(2019年9月20日掲載)