第10回『ヤブラン』

この花の、この蕾の、
ひとつ、ひとつに小さな、小さな妖精が宿る

妖精は、優しく、豊かで、謙虚で、
誇り高く、それぞれの世界を持っている

妖精たちは競わず、争わず、
驚くほどの自由さで、何にもとらわれることなく――

ああ、僕はその誇り高い美しさに、
妖精たちのこの上なく豪華な響宴に、
心奪われて、言葉を失う。

そうだ、春先にもそんなことがあったっけ。
――ムスカリに出会ったときに似た、心の高鳴り
サマームスカリという別名は誰がつけたんだろう

今日、ここで君に出会ったことを、
今日、きみに感じたときめきを
僕はきっと秘密にしておくからね。

2019年8月21日 第10回
撮影場所:池上ブドウ畑付近