ベストオブ日記

「なのはなに出会えて」 ゆきな

8月20日

昨日のことになります。
昨日で23歳になりました。お父さん、お母さん、私は、幸せ者だと感じます。
たくさんの人にお祝いされて、みんなが向けてくれる笑顔に、ハッピーバースデーの歌に、みんなにたくさんプレゼントをもらったような気持ちでした。

私事ですが、摂食障害で辛かったとき、23歳になれるなんて思っていなかったです。
そう前向きに生きることができることを、本当にイメージして想像することもできなかったです。

私は、なのはなファミリーに出会いました。大切な仲間がいます。
大好きな人がいます。ちゃんと笑っていられます。
生きてて良かった、そんな瞬間がたくさんあります。辛くても、悔しくても、そんなので負けたくない、と思えます。

誕生日が来て、たくさん良いところを見てもらいました。
客観的になれて、自分はそういう良いところがあるんだと思うと、自信が出てくるように思いました。
なのはなに来たばかりのとき、穏やかであること、が私には強かったです。
それがみんなの言葉を聞いていて、変わっていることを感じました。
粘りがある、いざというときに力を出せる、力持ち。
そういう言葉を聞いて、自分の雑味が少しずつ消えて自分のあるべき力が雑味に埋もれることなく見えているんだ、と思います。
少しずつ、前進できていることが嬉しいです。それも、お父さん、お母さん、みんなの力です。
自分のためだったら、力をつけたいなんて思えません。
自分がつけた力は、少しでも人の為に、自分を求めている人のために使えるように、粘りよく生きられるように使いたいです。

お父さん、お母さんが話してくださったように、心の視野を広げます。
今でも、まだ狭いです。それでも広くなったら見る世界が変わってくるから、楽しみです。姿勢から、前向きであります。
のんちゃんやれいこちゃんを見ると、自分まで気持ちがいいです。姿勢から正したら、気持ちも同じように後付で変わってきそうです。

お父さん、お母さん、みんなに、いつもありがとうございます。私はなのはなに出会えて幸せです。