今日のなのはな

8月20日(火)「納涼祭へ、一歩ずつ & 金色の昆虫」

8月20日のなのはな

雨天が心配された納涼祭当日のかわりに降ってくれているなら良いな、と思いながら、窓の外の雨音を聞きました。
野菜の収穫作業を朝食前に済ませ、今日は1日、みんなで、なのはなファミリー納涼祭の準備を進めました。

DP2Q0126

遊びの出店の係は、これまでの納涼祭の記録や反省をふまえて、今日は、
遊びのお店のルールを改めて固めたり、道具の用意を始めたり、
射的や吹き矢などをどんな雰囲気で盛り上げるかということを考えたりしました。
納涼祭の準備期間中は、出店の看板やポップ、“ミニトマトすくい”で使うポイなどの道具で、
古吉野なのはなの中がカラフルになります。
今は会場の飾りつけを考案中のため、
本番が近づけば、制作した飾りなどで、より賑やかになっていくことでしょう。

DSCN9977 DSCN9979

DP2Q0123

衣装係は、ステージで衣装や浴衣を着るための段取りを打ち合わせました。
環境整備の係では、中庭やグラウンドの草を取り、肥料倉庫の整頓などを行ないました。
小雨のために湿った土は、雑草の根も簡単に手放してくれます。
納涼祭に来て下さる地域の方々をお迎えするために、普段の農作業の合間にはなかなか手が届かない場所の整頓や掃除も進み、景色が整っていくことが嬉しいです。
夕方には永禮さんが、開墾作業で出た木の根などを燃やして、きれいにしてくださいました。

DP2Q0131

地域の夏祭りに出演することの多いなのはなファミリーですが、今度は、自分たちで作り上げるお祭りです。
普段、一緒にさまざまな活動をしている仲間と、道具を点検したり、なにかを考えたり、
あるいは、「あれはどこにしまったっけ」と少し困って探すような場面でも、一つひとつの時間が、暖かく嬉しく感じます。
本番までの過程も、当日も、プランを立てて段取り良く、着実に進んでいきながら、
みんなで1つのお祭りを作り上げることを楽しみたいです。

(かに)

 

 

DP2Q0146

〈夜には藤井さんが来てくださり、
アコースティックギターを教えてくださいました!
今、アコースティックギター教室では『アンジェリーナ』という曲を練習しています〉

DP2Q0162

-おまけ-

DP2Q0136

リビングの前の靴箱の上には、
金色に塗ったセミやクワガタムシがいます。

DP2Q0137