ベストオブ日記

「作業しやすく、精度をあげて」 まち

6月25日(火) まち

昨日の午前中、全員で同じ畑に入ってじゃがいも掘りをしました。
桃横畑と、石の下畑です。穫れたじゃがいもは手のひらに収まるほどのベストサイズの大きさで、1つひとつがとても綺麗な形で、ころんっとしていて、なんだか守りたくなるようなじゃがいもでした。
今日の収穫分だけで2トンは収穫できたとしほちゃんが言ってくれていて、2トンって本当にすごいな、と思って、みんなで力を合わせるとできないことはないのではないか、と思ってしまいます。
昼食のコメントで、まあちゃんも言っていたけれど、みんなで同じ畑に入るととても安心するなあ、と感じて、滅多にない機会が嬉しかったです。
じゃがいも掘りはいくつかのスタッフさんのチームに分かれて、それぞれチームで作戦を考えてやっていました。
私はかにちゃんチームでした。かにちゃんは、いかに無駄な動作をなくして、早く収穫できるかを考えてくれていて、動きをパターン化する、という方法を教えてくれました。
逐一スコップを畑に置いてしゃがんだり、身体を畑と別の方向を向いて作業をしてしまったりすると、その分ロスが出る、と教えてくれて、向かい合っているペアの人と息を合わせて、同じ動作の繰り返しで、動きをパターン化すると仕事が早いから、そうして欲しい、と言ってくれました。
私はここに来るまで働いていたときに、似たようなことを上司に言われたことがあって、仕事を早くするには、急ぐか無駄を省くしかない、と言われたことがあります。私たちは、無駄を意識せず、概して急ぐ、または焦ってしまうことが多いような気がします。私も仕事や作業を早くしなければならないとき、気持ちばかり焦ってしまうことが多いです。無駄を省くというのは、落ち着いて早く作業ができる良い方法だと思って、いかに普段から無駄な動きが多いのか、それを修正して作業しやすくできるのではないか、と見直して、これからも作業の精度を上げていきたいと思いました。

今日の午前中、梅林奥でみほちゃんと水やりをしました。今日私は初めてエンジンポンプを使って水やりをしたので、最初は段取りが分からず、どうしようか困ってしまっていたのですが、途中でひろこちゃんがヘルプに来てくれて、一気に作業がやりやすくなって、午前中のうちに目標だったところまですべて水やりを終えることができて本当に嬉しかったです。なんでも最初に体験する作業は緊張するし焦るし不安だし、困ることも多いのですが、一度成功体験があると、次やるときは自信を持ってできるし、楽しんでできるなあ、と思って、今日は大変だったけど、やり遂げることができて嬉しかったです。途中で様子を見にきてくれたひろこちゃんにもとても感謝しています。

天気予報では、明日までが晴れで、明後日から1週間雨だというので、明日いっぱい、畑作業を頑張って、雨の1週間はゆっくりして、梅雨を楽しみたいと思いました。