山小屋便り

【6月号】「新アイテムでより美しく ―― 大人の女性をイメージした、新聞紙ファッション ――」 のん

『アイ・アム・ア・グロウン・ウーマン ―輝ける自立した女性へ―』 各チームでモデルの子の美しさや魅力を考えながら、モデルの子が自立していくときに着たい衣装をテーマに制作をしました。今回は1チームごとにアイテムが配られ、さらに美しい新聞紙ファッションショーが繰り広げられました。

『grown women』。

それが山小屋キャンプ恒例、新聞紙ファッションショーのテーマでした。

成長した大人の女性。モデルとなる子が成長して自立していく姿をイメージする。今年の新曲の名前からきていて、今年ならではであり、なのはなの普遍的なテーマでもあるテーマでした。

実行委員にりゅうさんも入ってくれていて、寸劇に加わってみんなを盛り上げてくれました。りゅうさんからのプレゼントと題して、今回は新聞紙だけでなく、スペシャルアイテムとしてそれぞれのチームに色紙や、包装紙などが配られました。なかには卵パックをもらっているチームもあり、どんな風に使えるのだろう、と思いました。

今回はより美しい衣装を制作するため、チームに1つずつ新アイテムが配られました

私はかにちゃんチームで、クリーム色と山吹色の包装紙をゲットしました。かにちゃんチームには、前回の新聞紙ファッションショーでも一緒のチームで、たくさんアイデアを出して引っ張っていってくれたまよちゃんや、あゆみちゃんにひでゆきさん、卒業生のきょうこちゃんなど、心強いメンバーがたくさんいました。

私はモデルをやらせてもらうことになり、そこからデザインを決めていきました。制作時間が約2時間と短く、時間をどう使うかもポイントでした。まよちゃんがデザインの案を考えてきてくれていて、それを今回のテーマに沿って変えていきました。

■アイデアの泉

輪をたくさん作って繋げて、首の周りをシースルーみたいにしようとか、じゃばらに折った紙を重ねて上半身部分を作ろうとか、まよちゃんやかにちゃんのなかからどんどんアイデアが出て、形が定まっていきました。どこからそんなアイデアが湧いてくるのだろう、と思うくらいで、2人にはこう作りたい、こうしたら綺麗というものが具体的に頭の中で見えているんだと思いました。そんな2人のアイデアの泉を覗かせてもらっているような感じでした。

16時20分にショーが開始になるということで、16時に完成目標で、何時までに上半身を終えるとか、ざっくり時間の目標を設定して、制作を始めました。テントのなかで作ったものを装着させていく人と、ひたすらパーツとなる部品を作る人に分かれて進めていきました。

まよちゃんやかにちゃんが、みんなの作ってくれたパーツを組み合わせて、衣装にしていってくれました。テントの外で制作しているみんなが、今衣装がどんな風になっているか見えない状態でも、できたパーツをさっと中に渡してくれたり、どんどん作るペースが上がっていることを教えてくれたり、あたたかい空気を共有してくれました。

約2時間で考案から制作までをします

まよちゃんやかにちゃんが衣装を装着してくれました。最初、土台ができていないときに、かにちゃんが私が寒くないかを気にしてくれて、上着を貸してくれたり、そういう気遣いが本当に優しいなと思いました。

私は時間をコールする役割をで、キリのいい時間ごとにコールしていきました。時間が押し気味で制作が進んでいたので、コールするたびに悲鳴も上がっていました。蛇腹に折った紙を立体感を持たせたままつけるのが難しくて、上半身に時間がかかりました。

終盤では、スカート部分を作りながら、あゆみちゃんにメイクをしてもらったり、急ピッチで進めていきました。モデルウォークとかポーズだけでも自分で考えなくてはと思って、こんな感じにしたいというイメージを膨らませていきました。

■自信を持って、堂々と

まりこちゃんが輪で冠のような帽子を作ってくれていて、最初は頭に固定する予定だったのですが、私がポーズで使うのにそれを取り外せるようにしたいと言ったら、まりこちゃんが、「できます」と言ってくれて、嬉しかったです。

時間ギリギリにできあがって、テントを出ると、先に行って様子を見ていたあゆみちゃんが呼びに来てくれて、他のチームがみんなスタンバイしているところになんとか滑り込みました。間に合ったー……と思ってほっとしつつ、みんなを見ながらポーズを確定しようと思っていたら、まさかのトップバッターでした。

なんとかなる! と半分勢いに任せて、音楽に乗ってパーティションを出て、レッドカーペットの敷かれた道に出て行きました。自分はみんなが2時間かけて仕上げてくれた作品なんだと思ったら、迷いや恥ずかしさは消え、私は自分ではなく、チームのみんなの作品になりました。

衣装完成! モデルの子はみんなの前でモデルウォークで登場です!

『grown women』のダンスのポーズを取って、そのままみんなに囲まれたカーペットの上を歩いて、お父さん、お母さん、盛男おじいちゃんの前に進み出ました。お父さんのきらきらした嬉しそうな目や、お母さんと盛男おじいちゃんの笑顔に、自信をもらって、みんなが作り上げてくれた衣装なんだという気持ちで、堂々といられることができました。

そこで帽子を取ってお辞儀のポーズをしました。そのポーズを入れたかったのは、自分が自立した姿と思ったとき、お父さんが、税理士のあるべき姿を話してくださったのを思い出したからでした。お父さんは、前回のウィンターコンサートの、ジーブスのような税理士がいい税理士だと仰っていました。団長の先を読んで、団長を立ててサポートをする。

それを思ったとき、私はジーブスをイメージしたポーズを入れました。

結果はお母さん賞をいただくことができました。1位はモデルれいこちゃんのまえちゃんチームで、ウィンターコンサートのチラシを使った鮮やかな衣装がすごく綺麗で、れいこちゃんにも似合っていました。盛男おじいちゃん賞はよしちゃんモデルのあゆちゃんチームで、寒色系の折り紙を使った切り絵の花のような模様が素敵でした。

最優秀賞はモデルれいこちゃんのまえちゃんチーム。コンサートのチラシを使った鮮やかな衣装と全体のバランスの良さがポイントとなりました

他のチームの衣装は見えているのですが鏡がなかったので、あとから自分の衣装を見て、こんなにゴージャスで立体的なボリューム感のある衣装だったのか! と驚きました。あゆみちゃんがメイクをしてくれて、これ本当に私かな……? と思うくらいでした。

堂々と、美しい『grown women』を目指してなのはなの生活をしていきたいと思います。