ベストオブ日記

「みんなと一番星を見ながら」 ひろこ

6月24日


夕食後に、山畑のエビスカボチャの整枝と、下町川下畑のすくなカボチャの手入れとに分かれて作業に行きました。まだ外は明るくて、涼しくて、作業をするのに絶好の時間帯だなと感じました。もうすぐサマータイムも始まるのかなと思うのですが、早朝作業やシエスタ、夕方の作業など、夏の時間が楽しみな気持ちになりました。

私は、山畑にいきました。エビスカボチャの成長が凄く速くて、まだ整枝や誘引をして1週間も経たないうちに、20世知以上も伸びていました。誘引や整枝をこまめにしていく必要があると感じました。
エビスカボチャは、親づるを摘芯し、子づる3本仕立てで育てています。その孫づるや、4本になってしまっている子づるの1本を取り除く、という作業を行いました。私は、カボチャの整枝の作業が好きな作業のひとつです。午後の作業の時間で、誘引をしてくれていて、まんじゅう型の畝にそって、綺麗に渦巻き状に誘引されていました。整枝をすると、株がスッキリして、気持ちまでスッキリした気持ちになりました。
ソフトボールよりも大きくなっている実もあり、カボチャの成長や収穫が楽しみだなと思いました。
始まった時は、西日が強かったのですが、いつの間にか日が暮れてきて、夕日が沈むと一気に暗くなっていきました。暗くなるまえに作業を終えることが出来ました。みんなでもくもくと集中して作業をしている時間が、楽しかったです。
帰り道、みんなが「楽しかった!」と笑顔でした。夕食後に作業を出来るなんて、凄く嬉しかったですし、みんなと一番星を見ながら、楽しかったと言ってお家に帰るって、幸せだなと思いました。
時間を有効的に使っていきたいです。畑作業はワンチャンスです。しっかり動いていきたいです。
午前は、ジャガイモ掘りをし、約2トン採れて、また明日収穫があります。今しかない、ワンチャンスのジャガイモ掘りを、楽しみ、全力で動きます。

ありがとうございました。