ベストオブ日記

「永禮さんの姿」 あやこ

6月24日

午前中にジャガイモ掘りをしました。今日は桃横畑と石の下畑の2枚です。どちらの畑も土がサラサラで、掘りやすかったです。「せーの、そーれ」と掘り上げたジャガイモは、とてもきれいでした。あまり土もついていないこともあったと思います。
土から出てきたジャガイモを見て、大きさといい、明るい薄い黄色といい、それがまるで小判のようだと思いました。ザックザックと、本当にお宝掘りだと思いました。以前は、「大きい~!」という歓声をあげたけれども、今回は「きれい~!」という言葉を連発していました。

そんなに太陽が出ていたわけでもなく、少し雨もふったくらいのお天気で、作業もしやすかったです。とくに桃横畑にいるときには、とても気持ちいい風が吹き抜けていました。

 

○草刈り

午後に永禮さんと一緒に草刈りをしました。永禮さんが一緒で、とても心強かったです。保育園前畑の草刈りで、草丈もそこそこあったので、刈り甲斐がありました。よもぎを駆逐するというオオキンケイギクもあり、しっかりと刈らなくてはと思いました。
永禮さんが草刈りをする姿を見ていて、刈り幅も広く、速いと思いました。身体を左右にゆらして悠々と刈る姿は、まるで音楽を聴いて、その音楽にのっているようにも見えました。

時間があっという間に過ぎました。気が付いたらもう17時でした。今日は永禮さんがいてくれて、いつも余裕で大変な姿を見せなくて笑顔でいてくれる永禮さんと一緒に草刈りをさせてもらえて、気持ちが安らぎました。
私の草刈りが速くないので、永禮さんにも無理をさせてしまって、本当に申し訳なかったです。もっともっと、速く作業ができるようになりたいです。ちゃんと役に立ちたいです。