今日のなのはな

6月25日(火)「豊作の第2弾ジャガイモ掘り! & 梅干し作り」 

6月25日のなのはな

●第2弾ジャガイモ掘りをしました!●

DSCN2067

みんなでジャガイモ掘り第2弾をしました。
今回は山小屋の2枚と
ウナギ獲り畑、中畑です。
二手に分かれて、
山小屋チームと古吉野チームで
ジャガイモ掘りをしました。
私は山小屋チームでした。

P6250001 (2)

山小屋に着いたら、
盛男おじいちゃんのお宅の前の畑で
メークイーンと男爵のジャガイモ掘りました。
みんなで1番効率よく
スムーズに収穫ができるシステムを
確立しながらジャガイモを掘っていきました。

DSCN2060

1人の人がスコップで土を掘り起こし、
もう1人の子が手でジャガイモを
掘り出すという方法がすごく早くて、
スピーディーにジャガイモが掘れました。
目標は1時間だったのですが、
みんなの力で、約40分で
すべてのジャガイモを掘ることができました。

DSCN2073

 P6250004

山小屋はジャガイモの畑が2枚あって、
次の畑でのジャガイモ掘りに移りました。
この畑では永禮さんとの一緒に、
3人トリオでジャガイモ掘りを進めていきました。
永禮さんが「せーの! そーれ!」
と掛け声をかけてくださり、
テンポよくジャガイモ堀りができて嬉しかったです。

P6250012 (2)

今日は山小屋でメークイーンと男爵を収穫して、
古吉野周辺の畑ではアンデスとデストロイヤー
という品種も収穫しました。
アンデスとデストロイヤーは一見、
見た目が似ているのですが、
デストロイヤーはアンデスとは少し違い、
ピンクと紫の不思議な模様になっています。

P6250027
〈うなぎ獲り畑の、デストロイヤー(写真上)とアンデス(写真下)です〉

P6250028

ジャガイモ掘りをしていると、
ハート形のジャガイモや大福のように
ふっくらとしているジャガイモも掘れて、
宝さがしをしているようで楽しかったです。
また、畑の土はふかふかで、
スコップがサクサクと入って楽しかったです。

P6250012山小屋のジャガイモを掘ったあとは、
みんなでジャガイモの回収をしました。
ジャガイモの回収のときに、
傷芋が全然なくて、本当に綺麗に丁寧に、
かつスピーディーにジャガイモ掘りが
できて嬉しかったです。

DSCN2074

古吉野に戻ってからは
ジャガイモを体育館に広げたのですが、
昨日今日で体育館が
ジャガイモでいっぱいになりました。
たくさんのジャガイモを目の前にして、
大豊作で嬉しかったです。

P6250042

なのはなカレーや日々の食卓には
欠かせないジャガイモ。
家族みんなでジャガイモ掘りを
することができて嬉しかったです。
1年分のジャガイモを
2日間で収穫ができて嬉しかったです。

(ななほ)

   ***

●ナスとピーマンの追肥をしました●

DSCN2095
〈ジャガイモ掘りに引き続き、  いいとこ下畑のナスとピーマンの追肥をしました。  ナスは収穫目前です!>

DSCN2090

 ***

 ●梅干しを漬けました!●

P1017468第1弾の梅干しを漬けました。
河上さんに梅の漬け方を教えていただきました。
梅林の梅は、冬の霜対策をしてくれていて、
大玉の梅の実が収穫できました。

なのはなの梅林で収穫された梅干しは、
実が大きく、つやつや光っていて透明感があり、
黄色と黄緑色のグラデーションが
とても奇麗だなと思いました。
黄色く熟している実は、とても甘い香りがして、
魅惑的な香りがしました。

P1017473

 黄色く熟れている梅を使うと、
柔らかく美味しい梅干しになること。
梅は優しく扱うこと。
東日本と西日本、
地域によって梅干しの作り方が違うこと。
梅について、河上さんが
色々なことを教えてくださいました。

 P1017595
なのはなの梅干しの漬け方は、
3日間、日に干し、再び梅酢に戻す漬け方をします。
水で洗って、乾いた布巾で優しくそっと包むと、
梅の実がとても可愛く思いました。
そのあと、竹串を使って、軸(ヘタ)を取り、
塩をまとった梅は、お化粧をしたみたいに
少し大人びて見えました。

P1017611

2、3日後、梅酢が内蓋の上まで上がってきたら、
重しを半分の重さにする予定です。
梅が塩と混ざり、あんなに美味しい梅干しに
変身するのだと知って驚きました。

河上さんに教えていただけたことが嬉しく、
美味しい梅干しになってくれるといいなと思います。
河上さんや、なのはなで
糠床を手入れしている先輩たちのように、
しっかり覚えて吸収して、
次に繋げられるようにしていきたいと思いました。

(まみ)

  ***

〈今夜は、勝央金時太鼓と勝央音頭の練習があります。
明日のアップをお楽しみに!〉

仲屋食品さんからの、今日のお魚

毎週、火曜日、水曜日、金曜日は『お魚の日』。
境港の仲屋食品さんが、
新鮮なお魚を魚市場からなのはなファミリーまで、直送してくれるのです。
このコーナーでは、
仲屋食品さんから届いた魚をご紹介していきます。

 

今日のお魚【マルゴ】


マルゴを一人一尾ずつ、塩焼きでいただきました!
出世魚であるブリの、まだ小さなころの呼び名の一つが「マルゴ」です。