畑マップ

野菜図鑑【赤色】

【赤い野菜】
赤色の野菜は、リコペンを多く含みます。
リコペンは、抗酸化力の高さで注目されている栄養素で、
動脈硬化を防ぎ、肌を若く保つ効果もあります。

 


【大玉トマト・ミニトマト】
アンデス原産で、涼しい気候を好み、厳しい環境で育つトマト。
夏は暑くなりますが、その中でも甘くて濃いトマトを作っていきたいです。

目標は収穫が始まってから9月まで甘さを保ち続けることです。
そのためにははじめの栄養分は少なめにすること、実がつくまで栄養を与えないこと。特に窒素分です。
厳しく育てて、持久力のあるトマトを育てたいです。
甘く、みずみずしく、赤く輝く大玉トマト、ミニトマトを作って、みんなでかぶりつくのが夢です。

 

 


【サツマイモ(鳴門金時)】

なのはなファミリーでは、皮が紅色の鳴門金時と、皮が茶色の翠王を育てています。
サツマイモ栽培のテーマは水やりです。
水不足で芋だけが太らないように、水やりをして最善を尽くしていきたいです。
また、かまぼこ型の高畝で、水はけをよくしていきます。
秋の恒例行事、みんなでの芋掘りも楽しみです。

みんなで行うサツマイモ掘りは、なのはなファミリーの秋の畑の一大イベントです。
ペアの子と「せーの!」で掘り上げると、赤紫色のサツマイモが奇麗です。

 

 


【ニンジン】

毎週末、みんなでいただくなのはなカレーに欠かせない野菜の1つ、ニンジン。
今回は、二股を防ぐために、畝作りの前に小石を全て取り除く作業をしました。
夏に育てるニンジンは、収穫時期が梅雨と重なり病気になりやすいです。
できるだけ高畝にして、真ん中を窪まないようにして、水はけをよくしています。
対策の効果が表れるのが楽しみです。

 

 


【ナス】
ナスも夏の食卓で大活躍の野菜です。
水はけをよくするために、畝は高く、かまぼこ型にしています。
特に、剪定や整枝のやり方には気をつけて、理想に近づけるように育てていきたいです。

 

 

【野菜図鑑】

▶黄色の野菜図鑑へ

▶緑色の野菜図鑑へ

 

 

←畑マップ トップへ戻る
←なのはなファミリー ホームへ