味噌ノ家ファミリー

味噌ノ家ファミリー 番外編 塩糀作り

味噌の糀古吉野くんは熟成して味噌になり、
食卓に欠かせないお味噌汁にもなれば、
料理を引き立てる調味料にもなり、

幅広く活躍します。

そんな人気者の味噌の糀古吉野くん。
実は、味噌になるだけではありません。
塩糀にも変身することができます。
番外編では、味噌の糀古吉野くんが、
塩糀に変身していく様子を見ていきます。

 

○ ○ ○

 

 

塩糀作りは、
出糀まで味噌となる米糀作りと同じです。
まずは、蒸米、種付け、引き込みをして、
夜に切り返しをします。

種付けをするときには米粒がしっかりしています。
1人で移動できない糀菌を
全体にまんべんなく広げていきます。
米糀の繁殖のために、みんなが同じ思いで、
米糀にとって良い環境を作っていけることが嬉しいです。

連日、手入れをしていると、
米糀からもふんわりと甘い香りがしてきます。
米糀たちと触れ合うと、
気持ちを通じ合えるような嬉しさを感じます。

ほぐしてみると、菌糸やその先のお花が見えて、
ちゃんと育ってる……! とほっとして、
米糀たちに対する愛情が沸きます。

 

種付けから3日後には、
無事に出糀を迎えました。
できあがった米糀を塩と混ぜ、
水を加えてタッパーに入れます。

タッパーに詰め終えた塩糀は、
その後、みんなで味噌蔵に運びました。
これから、約2週間、 チームのみんなと交代で、
毎日かき混ぜて、 塩糀の発酵を促します。

 

お米の形状が柔らかくなったり、
塩糀の香りがバナナや栗のような
ほんのりと甘い香りがしたら出来上がりです。

(どのような香りなんだろう)
(米糀の香りとはまた違う、甘い香りなのかな)
と、塩糀の完成が、とても楽しみです。

最後まで、塩糀に気持ちを向けて、
チームのみんなと一緒に手入れをしていきたいです。


〈味噌の糀古吉野くんならぬ、『塩の糀古吉野くん」と記念撮影!〉

 

鶏の塩糀焼き、塩糀の竜田揚げ、野菜の塩糀漬け……、
お肉や野菜を味わい深くする素敵な調味料、 
塩糀へと変身した味噌の糀古吉野くん。
幅広い料理の引き立て役になる、みんなに人気者です。



今日も味噌の糀古吉野くんが、
たくさんの人にあったかい気持ち、笑顔を届けます。

 

 【◀︎味噌ノ家ファミリー トップページへ】
【◀︎なのはなファミリー ホームへ】