山小屋便り

「書き初め」 ひろこ

1月2日に書き初めをしました。今年は人数を半分にし、午前に書き初めの人は午後は百人一首というように、1日を通して百人一首と同時進行で進めました。
書き初めの係のみんなが考えてくれたタイムスケジュールは、練習時間がたっぷりとあり、じっくりと落ち着いた気持ちで集中して書くことができました。

 

はじめに実行委員さんの寸劇があり、それからお父さんが書き方のポイントを教えてくださいました。
お手本の『顔真卿』の字のトメ、はらい、筆づかいを実際に筆をつかって、水で濡らした筆で黒板に書いてくださいました。それがとてもわかりやすくて嬉しかったです。
筆は回してはいけないこと。しっかり入って、まっすぐ意志のある線を書くこと。左はらいのスピード感や、右はらいの角のついたかたち。トメは筆を上に上げて戻るようにして三角形を作るようなかたちを作ること。

■素直に真似て 

我流に書くのではなく、見本に忠実に真似る。個性はいらない。何年も1人の人の字を真似て、そして次の人と何年もかけて色々な人の字を真似て、この人はこう書くだろうと、書けるようになってから、自分らしい字を書く、と教えてもらいました。
人生も同じだと思いました。透明になって、まずは真似る。個性などいらない。自分に拘らず、まっすぐな気持ちで。
真似て書くことができなかったら、普段でも我が強くて人を真似ることができないのと同じようなものだと思いました。
書に今の自分の全てが表れてしまうと思いました。心を正し、無にして、透明になって、素直に字を真似て書く。心が研ぎ澄まされる思いがしました。

顔真卿の『春天』を真似ます。

顔真卿の『春天』という文字を書きました。
とても緊張しました。緊張するとそのまま線に表れてしまってぶれてしまいました。気持ちを落ち着かせて、透明にならなければならないと思いました。自分から離れなければならないと思いました。
私は字が太くなりやすく、力強い字になってしまうのですが、顔真卿は繊細で真っ直ぐな線が特徴的です。自分の字とは全く違う字です。違う自分になるくらいの気持ちでないと真似られないと思いました。

■字を見ると

線の太さ、とめのメリハリがあり、右のはらいは角がしっかりできています。左のはらいはスピード感はあまり早くなく、丁寧にはらっています。
ぶれのない、まっすぐな直線の勢いに、その人の人となりが表れると思いました。
字を見ると、その人がどのような人なのかを感じることができると思いました。
お父さんが教えてくださったポイントを意識しながら書いてみると、形が奇麗にとれて、顔真卿の字しくなる感じがして嬉しかったです。

■お父さんのアドバイス

練習の時に、お父さんが1人ひとりにアドバイスをくれました。形はできているが、ここをこうするともっと良くなるなどと、1人ひとりにあった答えを教えてくれました。
私は練習の時に、流れを理解していなくて、お父さんに見てもらうために練習で書けたものを用意ができていませんでした。
みんなはその時間に書けているのに書けないとか、みんなと違うのは私の心持ちの雑味だと思いました。
そういった認識力の低さ、理解力の低さ、勘違い、みんなと違った行動がないようにすることなど改善していきたいと思いました。
きちんと時間内に完成させる、潔さなどなども意識して行動し、今年は本気で意識して、雑味をなくすことを徹底しようと思いました。

「春天」の字のほかに、それぞれが今年の抱負も書きました。

抱負は、『謙虚』にしました。
抱負を述べたとき、お父さんが「謙虚にね」と言葉をかけてくださったこと。
ボーイングチームのみんなが謙虚に淡々と日々積み重ねている姿。
そして、以前のウインターコンサートでの台詞で、「(保証を求めず)謙虚な気持ちで精一杯頑張ります」という言葉。
自分にはないひかえめさ。雑味をなくすために、まずは謙虚になりたいと思いました。
透明になるということは、謙虚さとも通ずると感じ、決して奢らず、どんなことがあっても舞い上がらず、気持ちを落としすぎず、謙虚な姿勢を崩さずに、淡々と日々積み重ねていくという気持ちを宣言するように、書きました。
難しかったのですが、諦めずに挑戦しました。

謙虚さがとても大切だと思います。自分はとくに必要で、身に付けるべきあるべきものだと思っています。

リビングに、1人ひとりが書いた今年の抱負を貼りました。

■気持ちが引き締まる

自分の未熟さを受け入れて、その上でより良くなろうと向上していく心で、なりたい人間に近づけるように、目指していきます。良いイメージをし真似ていきます。
日々の積み重ねが大切だと思います。まっすぐ素直になって、透明な気持ちで目の前の物事、人に向き合って、自分を律して、日々謙虚に淡々と積み重ねて成長していきたいと思います。

書き初めには、盛男おじいちゃんも来てくださいました。おじいちゃんが筆で詩を書かれていました。その字も、詩もとても奇麗でした。おじいちゃんの深みを感じました。
私の前の席に座られ、字を見てくださいました。グーサインをくださって、嬉しかったです。
静かにみんなを見守ってくださって、夕食もおじいちゃんとご一緒できて嬉しかったです。

気持ちを正し、厳かな気持ちになる書き初めの時間でした。こうして集中して取り組む時間が大切だなと思いました。そして集中して何かに向かっている時間が自分は好きだなと感じました。
書道ももっとうまくなりたいですし、真似ることもうまくなりたいと思いました。
書き初めをさせて頂いて、改めて気持ちが引き締まりました。自分の書いた抱負を胸に1年を過ごしたいと思います。