11月25日(土)「劇を形にー演劇練習、衣装考案、小道具作りー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月25日のなのはな

PB250022-300

午前中は、ダンスの習慣練習をし、
そのあと『エクスタシー・オブ・ゴールド』の
パート練習をしました。

各パートごとに課題を意識して
練習を詰めていきました。
それぞれの楽器の良さを活かせるよう
パートごとに精度を上げていきました。

PB250016

PB250001

***

コンサートの主な登場人物7人の、
衣装を完成させたい!

その気持ちを持って、
午後から衣装考案を進めました。
メンバーは、まゆこちゃんとあみちゃん。
最初は、3人で1つの衣装の考案を
進めていたのですが、
それでは時間が足りないということで、
作戦変更して、
1人が1つの考案を
進めることにしました。
この時間を実のあるものにしたい。
みんなの同じ気持ちを感じながら、
真剣な空気で
衣装考案が進められました。

ふとした瞬間に、
まゆこちゃんとあみちゃんに目を向けると、
ズボンを帽子にしていたり、
レイを服の中に入れて
ボリュームを出したり、
いろいろなアイディアで、
ステージ衣装ができあがっていました。
「すごーい!」「それ良い!」
そんな声が上がり、
それぞれの衣装考案が
完成していきました。

PB250010
PB250007
PB250012
途中、お母さんとあゆちゃんがきてくれて、
私たちの考えた衣装を
アレンジしてくれて、
どんどん、衣装が完成していきました。
この衣装を着るのは誰かなど、
配役のことも考えながら、
衣装を考案していくのが
嬉しかったです。

ただ、衣装考案をするのではなく、
配役の人のことも考えながら
考案すること、
なのはなのみんなのことを考えながら
考案すること、
そのことが、コンサートを創る上で、
とても大切なことの1つだと感じました。
その時間や気持ちが、
みんなと1つになることに
繋がっているのだと感じました。

(よしえ)

  ***

午後からは主要な役者のメンバーで
劇の練習を進めました。

P1011628

P1011640

P1011631
〈台詞の言い方や、仕草の付け方などを役者のメンバーで考えました〉

 

***

コンサートに向けて、小道具作りをしました。
みんなと形、色、大きさ、
作り方などを工夫しながら、
色々な小道具を
形にしていくことができました。

PB250002

竹を切り取ってきたり、
緻密に寸法を測ったり、
ムラがないようにペンキを塗ったり、
細部までリアリティを追求しながら
製作を進めました。

ほんの少しの違いが、
完成に向けて
大きな違いになっていくことを感じて、
1つひとつの工程に緊張感がありました。

P1011676-1
1人では思い浮かばないようなアイディアを
みんなと出し合えたり、
より良くしていけることも、
小道具作りの楽しさだと感じました。

みんなと分担して、色々な小道具を
形にしていくことができて嬉しかったです。
小道具は、
登場人物や舞台をより引き立てたり、
ストーリーのキーアイテムにもなります。
登場人物が、
小道具を持っている様子を
思い浮かべるとワクワクします。
これからも、みんなと製作を頑張りたいです。

(のりよ)

PB250009-250
〈土台が完成しました  色を付けて、装飾していきます〉

***

夜は、『カノホナピリカイ』の練習をしました。

PB250153
PB250050
PB250101

PB250062