11月24日(金)「下町川畑の葉物野菜○黒豆の葉落とし○小豆洗い」

11月24日のなのはな

DSCF1022

畑のAチームで、作業を進めました。
現在、下町川下畑には、
カブ、ミズナ、コマツナ、
ホウレンソウ、レタスが
植わっています。

この日は、コマツナとホウレンソウの
株周りの草取りと、鶏糞の追肥をしました。
コマツナとホウレンソウの、
活き活きとした葉や鮮やかな緑色に、
気温が低くても、
畑で着実に成長している様子に
嬉しくなりました。

コマツナは第1弾と第2弾があり、
先日から第1弾の
コマツナの収穫が始まりました。
これから冬に向けて、
大切な葉物野菜を
良い状態で収穫できるように、
日々の手入れを怠らずに、
チームのみんなと、
きちんと見ていきたいです。

(あみ)

DSCF1006

○●○●○

 

黒大豆の収穫時期が
近づいてきました。
午後からは大人数で畑をまわり、
黒大豆の株の枝葉を
折り取る作業をしました。
莢に日が当たるようにして、
乾燥させてから収穫します。

DSCF1030

DSCF1050

○●○●○

唐箕がけをした小豆を洗い、
干す作業をしました。
どうしたら手早く洗えるか、
リーダーさんが新しいシステムを考えてくれて、
そのやり方が
とてもやりやすいなと思いました。

DSCF1001

小豆を食管に移し替え、水を入れる人。
それを受け取り、
かき混ぜるようにして洗う人。
そのあとに、
上に浮かびあがった小豆と
ゴミを取る人がいます。

私はゴミを取る係でしたが、
すぐにザルにあげられるよう、
穴の空いたコンテナを使ったり、
そのザルや、次にゴミを取る食管が、
丁度自分が必要なときに回ってきました。

DSCF1020

約1時間半で作業は終わりました。
洗った小豆は、体育館内で
新聞紙の上に広げました。
乾いてから、保存や選別も
しっかりやりたいと思います。

(まりの)

○●○●○

 

演劇練習をお父さんが見てくれて、
場面ごとの出はけ、立ち位置、
動き、台詞の言い方、
舞台の使い方などを、教わりました。
立ち稽古をしながら、
役者同士の距離感や
台詞の語尾の言い方など、
少し違うだけで、
印象が変わっていくことを感じたり、
演劇の難しさや面白さを感じました。

1つの台詞のなかでも
1番に伝えたいことを、
特にはっきり発声することも
お父さんが、教えてくれました。
台詞のないときも、
舞台の空気を作る1人として、
場面の状況や背景、登場人物の心情を、
深く解釈して、
気持ちを表現できるように
練習していきたいと思いました。

PB240011

いろいろな役が登場するストーリーのなかでも、
みんなと伝えていく気持ちを
共有できたことも嬉しかったです。

これから配役も決まっていき、
演出も詰めていきます。
演劇を通しても、
自分たちの気持ちを表現できるように、
お父さんに教えてもらったこと、
みんなと共有したことを
落とし込んでいきたいです。

(のりよ)

PB240021