11月23日(木)「コンサートに向かって大きく前進○脚本の読み合わせ」

11月23日のなのはな

DSCF8143

ウィンターコンサートの、
劇の脚本の読み合わせをしました。
お父さんが脚本を
書き上げてくださってから、
手直しの期間を経て、
今日が、私たちにとっても初めての
脚本のお披露目でした。
(いよいよ、自分たちの演じる、
ウィンターコンサートの
ストーリーが明らかになる……)
体育館に集まったみんなから、
わくわくとした高揚感、
期待の高まりを感じました。
みんなの注目が集まるなか、
読み合わせがスタートしました。

読み合わせでは、
それぞれの登場人物に
役者を割り当て、
動きも少し付けながら、
全体を通して台詞を読み、
ストーリーを追っていきました。
DSCF8125
私も、今回の読み合わせのなかで、
ひとつの役を担当し、
台詞を読みました。
台本を持ちながら台詞を読む、
というだけでも、
自分にとっては戸惑うことが多く、
役を演じること、
舞台に立ち、表現をすることの
ハードルの高さを感じました。
お客さんの心に届く表現ができるよう、
堂々としたステージでの振る舞い、
心持ちをつくっていきたいと感じました。

PB230035
脚本には、
変化に富んだユニークな展開や、
アクセントの利いた
魅力的な登場人物たちが
描かれていました。
ストーリーが進むに従って、
心が脚本の世界へ
どんどん引き込まれていきました。

ウィンターコンサートの舞台で、
この脚本に込められたメッセージを、
お客さんに向けて
思い切り表現できるよう、
また、自分自身の心の成長に
繋げていけるよう、
練習を積んでいく過程で、
ストーリーをもっと深く、
正しく解釈し、
自分のなかに落とし込んでいきます。

DSCF8156

脚本は、これから劇の練習や、
通し練習をする過程で、
より良い演出を求めて、
さらに進化していきます。
みんなでつくりあげて、
形にしていけることが、
とても嬉しいです。
みんなのなかで、
真摯に向き合っていきます。

(あやか)

***

DSCF8125
お父さんに
新曲のコーラスを聞いてもらい、
1曲ごとに
アドバイスをしてもらいました。
コンサート本番も
次第に近づいてきて、
コーラスでも、
「みんなと合わせる」ということを
厳しく意識していかなければなりません。

今回は、
曲ごとに英語の言い回しや、
どこにアクセントをつけて強く歌うのか、
声の出し方を教えてもらったほか、
鏡を前にして、
自分の口の開け方や表情を
周りと統一させるということをしました。
お父さんから、
「口の開き方が人それぞれだと、
それだけで全体が
バラバラに見えてしまう」
と教えてもらい、
実際に鏡を前にして歌いました。

客観的に自分を見てみると、
思っていたよりも
口の開き方が小さかったことと、
笑っているつもりでも
微笑み程度にしか
なっていなかったことがわかりました。
コーラスとして、
みんなと音程を合わせることだけを
考えてしまっていたけれど、
口の開き方でも
みんなと揃えていく必要があることを
感じて、
新たな課題が見つかりました。
DSCF9001
口を横に開くと、
声が明るくなって
聞き取りやすくなることも、
教えてもらいました。
コンサートを通して、
強く求められる
「みんなと合わせる」ということは 、
コーラスでも大切です。
お父さんから教えてもらったことを
常に意識して、
音程、音圧、口の開き方、
表情、振り、
全てをみんなと統一させて、
コンサートに向かって
練習を重ねていきたいです。

(るりこ) 

***
PB230046

PB230082

『アイ・サレンダー』のダンス練習も
進めました。
ポーズを1つずつ、
列で揃えていきました。