« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「泥んこ大会」 しなこ




5月23日

 今日は待ちに待った泥んこ大会がありました。
 盛男おじいちゃんや永禮さんも来てくださって、みんなで泥んこ大会ができて楽しくて嬉しかったです。
 中庭に集合して、会場の池下田んぼまでチームのみんなで移動しました。
 リーダーがチームのプラカードを持って歩いていて、その光景がおもしろかったです。
 どんな競技があるのかな?と話しながらドキドキしながら歩いていました。
 チームは6チームに分かれていて、赤、青、黄色、緑、ピンク、紫でした。私は黄色チームで、しほちゃんリーダーで、けいたろうさん、よしえちゃん、まみちゃん、ゆかこちゃん、まあちゃん、りなちゃん、なるちゃん、もえちゃんがメンバーでした。

 会場に着くと、開会式が始まって、お母さんの開会宣言やおじいちゃんの挨拶や、のりよちゃんとれいこちゃんとさくらちゃんの選手宣誓、お父さんの挨拶があって、本当に大会のようでした。
 準備体操では、屈伸や伸脚の他に、剣道の「め~ん!」などの動きもあって、面白かったです。

 そしていよいよ競技になって、1種目目は泥んこ相撲対決でした。
 泥んこ相撲は毎年やっているようですが、私は初めてだったのでワクワクしていました。
 くじで順番を決めて、黄色チームは1番目に紫チームと対戦しました。まだイメージトレーニングもできていなかったのでドキドキでした。
 私はまきちゃんと対戦しました。
 頑張って踏ん張っていたのですが、押されて倒れて泥の中にジャボン。
 一気に全身が泥だらけになりました。でも、とても泥の感じが気持ちよくて楽しかったです。
 お正月にやった相撲大会よりは踏ん張れたように感じるのですが、まだまだだなと思って、次回はもっと強くなっていたいと思いました。
 相撲の女王であるゆきなちゃんは、やっぱり強くてかっこよかったです。どっしりと安定感があって、ゆきなちゃんすごいなと思いました。

 2種目目は、新種目のチャンバラ対決でした。
 スポンジでできた竹刀のようなおもちゃを使って対戦しました。「めん」「どう」「たて」のどれか一発できたら勝ちということでした。
 攻撃しても、竹刀を両手で握っていなければ攻撃にはならないということでした。
 両手で持つということが意外にも難しかったなと思います。相手が攻撃してきたりすると、それをよけるのに必死で片手が離れてしまうなと思いました。
 私はゆずちゃんと対戦したのですが、いざ対戦の場所に立って、ゆずちゃんが攻撃してくると何が何だかわからなくなってしまっていました。
 でも攻撃をよけなければ!と思いながらやっていたのですが、やられてしまいました。

 同じチームのしほちゃんはりゅうさんと対決で、りゅうさんが勢いよくしほちゃんに向かってきていて、後ろにいた私たちまで泥水が飛んできていて、間近で見ていて迫力があって面白かったです。
 他のチームのいよちゃんが闘っていたときは、いよちゃんは優しく相手に向かっていたのですが、一発決めていて、かっこよかったなと思います。
 みんなそれぞれの闘い方があって、見ていても楽しかったです。

 3種目目も新種目の騎馬戦でした。
 騎馬戦というと、上に乗っている人のハチマキなどを取るというルールを思っていたのですが、今回は、相手チームの馬を壊したら勝ちということで、最初に聞いたときは驚きました。
 夕食のときに、馬を壊すのが本当のルールであるとおじいちゃんが教えてくださったとお母さんが話してくださっていて、それを聞いて、激しい戦いなんだなと思いました。
 私のチームでは、1騎目がけいたろうさん、しほちゃん、ゆかこちゃんが土台で上に乗るのがりなちゃんでした。
 2騎目はなるちゃん、まあちゃん、まみちゃんが土台で上によしえちゃんが乗りました。
 3騎目はけいたろうさん、しほちゃん、もえちゃんが土台で、私が上に乗らせてもらいました。
 上に乗るのは初めてだったのですが、土台のけいたろうさん、しほちゃん、もえちゃんがしっかりと私を支えてくれていて、ありがたかったです。
 全チーム1騎ずつ出て、最後に残ったチームが勝ちだったのですが、最初は、何チームかが仲間になって協力して1チームを倒していました。
 でも、チーム数が少なくなっていくうちに、ついさっきまで仲間だったチームが敵になっていて、怖いなと思っていたのですが、スリルがあっておもしろかったなと思います。

 自分が出たときには、ピンクチームのりゅうさんが率いる騎馬と協力しながら他のチームを倒していたのですが、りゅうさんのチームと、自分のチームだけになったとき、戦いが始まりました。
 りゅうさんのチームは上にゆりかちゃんが乗っていて、私はゆりかちゃんを揺らしたり、引っ張ったり、押したりしていたのですが、ゆりかちゃんはりゅうさんにがっしりとしがみついていて、びくともしませんでした。
 自分を支えてくれている土台の人たちは、体を張って体当たりしていたり、頑張って踏ん張っているのを感じて、すごい!すごい!と思いながらも、自分も倒されないように踏ん張っていました。
 最終的には土台が崩れてしまって自分のチームが倒れてしまったのですが、面白かったなと思います。
 他のチームでは、土台になると思っていたなおとさんが、上に乗っていたり、まちちゃんが3回連続土台をしていて、まちちゃんのパワフルさがすごいなと思ったり、泥だらけになりながら、みんなが作戦を立ててチームに向かっていく姿が、かっこよくて、本当の戦いだなと思って、見ていても楽しかったです。

 4種目目はリレーでした。
 1人半周ずつ走ってバトン代わりのメガホンを繋いでいきます。
 私のチームの作戦は、けいたろうさんでスタートダッシュをして、田んぼで走るのが速いなるちゃんをアンカーにするということでした。
 1走者には、りゅうさんやなおとさんがいて、競り合っていました。
 黄色チームは3番目くらいだったのですが、どんどん追い上げていつの間にか1位で走っていて、そのまま1位でゴールすることができました。
 なるちゃんの走りがすごく速くて、すごかったです。
 自分も走るのに必死でとにかく前に前に進もうとしていたなと思います。
 お父さんによると、エリマキトカゲ走行がいいということで、そのあとみんなが練習していてその光景もおもしろかったです。
 お母さんからのアンコールの声があって、もう1度リレーをしたのですが、そのときは惜しくも2位だったのですが、おもしろかったです。
 泥の中をバシャバシャさせながら走っていくのが楽しかったなと思います。

 どの競技も面白くて楽しかったです。
 罰ゲームになってしまったチームはみんなから泥水をかけらることになったのですが、罰ゲームになったチームのみんなも楽しそうだったなと思います。
 反撃ありということで、自分も反撃をくらって泥を浴びたのですが、楽しかったです。

 おじいちゃんが話してくださった中で、どろんこ大会をしているのは世界中の中でなのはなだけというような話をしてくださったとき、本当にそうだなと思いました。
 誰もやったことのないことをなのはなのみんなでできることが嬉しいなと思いました。
 あゆちゃんを中心にみんなが、考えてくれて、準備をしてくれて大会を楽しめて嬉しかったです。
 なのはなでしかできないなと思って、泥んこ大会ができて嬉しかったです。

 田植えも楽しみです。

 ありがとうございました。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.