回復への3つの段階

摂食障害の回復には3段階あると思います。

第1段階「心の傷の癒し」

これは難しいように見えて、
理解者がいれば実はそれほど難しくはない、とも言えます。
心の傷に対する深い共感が得られれば、
かなり癒しが得られるからです。

難しいといえば、「理解者」を見つけることです。
逆にいえば、理解できる人さえいれば、簡単なことなのです。
IMG_6200[1]
IMG_3610
第2段階「自我の再構築」

摂食障害の女性は、幼児期からずっと、
親の機嫌を損ねないように、学校の先生や、
友人たちの機嫌さえも損ねないようにと、
周囲に期待される自分を演じ続けてきました。
いい子だと褒められたくてしたのではなくて、
心の傷がどうしてもそうしなければならないと
縛ってきたのです。
ですから、自分中心に考えたこともなく、
自分の好きなことをした覚えもありません。
あまりにも長い間、
周囲の期待に応えようと頑張りすぎてきたために、
自分がいったいどんな人間なのか、
わからなくなってしまっているのです。
そんな空っぽの心に、
本当に自分らしい自分の心を
創り上げていかなければならないのです。
これは、とても難しいことです。
これには「ずっと安心して暮らせる場所」と
「ずっと安心して暮らせる人」が必要です。
つまり、心の家族が必要なのです。
私たちが「なのはなファミリー」を設ける
理由のひとつがそこにあります。
私たちは実際の家族に代わって、
その女性がいままで体験できなかった、
本当にあるべき「心の家族」になるのです。
IMG_8979
IMG_9590
そうして心温まる家族を体験する中で、
急速に自我が実際の年齢に追いついてくるのを待つのです。
そういうことは病院ではできません。
私たちは回復させる人と回復させてもらう人に分けずに、
なのはなファミリーにかかわる人すべてが、
お互いに家族の一員として
深い心の交流を持つことを目指しているのです。
一人ひとりが、娘であり、あるいは姉妹であり、
あるいは父親であり、あるいは祖父であり・・・・、
実際の血縁関係のある家族以上に、
心の結びつきの強い関係になるのです。
お互いに認め合い、お互いに許し合い、
お互いに理想を語り、お互いに助け合う、
心に曇りのない気持ちで眠りにつき、
期待に胸を躍らせて朝を迎えるのです。
IMG_8031
P62568282
ある意味では、初めての「休暇」です。
摂食障害の女性はこれまでずっと
心の安まらない日々を過ごしてきました。
そんなつらく苦しい人生に初めて、
休める場所と、休める時間を作るのです。
そういう頑張らなくてもいい場所でなければ
自我を作ることはできないのです。
自我の作り方が載っている専門書など、
どこにもありません。
でも、私たちの心の中には、
はっきりとその道筋が見えています。
なぜなら、なのはなファミリーに関わる人はほとんどが、
孤独の中でようやく自分を建て直す途上にあるからです。
それをなのはなファミリーという、
新しい家族で完結させていきたいという人たちだからです。


P6248270
IMG_8811
第3段階「生きがいを見つける」

これは、わかる人にはわかるでしょうし、
わからない人にはまったく意味がわからないことかもしれません。
心が深く傷付いた人は、
自分だけの利益のために頑張る、
ということができません。
そういう生きかたはできなくなってしまうものなのです。
心優しい人が傷付かずに生きていける世の中にしたいとか、
心優しい人が傷付いているとき、
その癒しになるような仕事をしたいなど、
まだ見ぬ心優しい人へとつながっていくようなことに
力を尽くすような生き方でなければ、
前向きには生きていけなくなってしまっているのです。
理想でいうのではなくて、
なぜかそういう体質になってしまっているのです。
その心を満たすような生きがいを見つける方法を探り、
それを実践できるという確信を持たなければ、
心の底から前向きになることはできません。
P1110302
P6279081
それが第3段階にやることです。
なのはなファミリーでは
最初から第3段階も含めて実践していきたいと思っています。
これには地域の方々の協力がなければ、
とてもできるものではありません。
地域の方に助けられることもあるでしょう、
地域の方を助けて、喜ばれることもあると思います。
それも、断片的にするのではなく、
時には家族以上の交流を持ちながら、
地域のために貢献していくのです。
おそらく最終的には、
誰が助けていて、
誰が助けられているのかわからない、
そういう関係になっていくことと思います。
 
P1100611
P6299786
摂食障害について書かれた単行本
「『食べない心』と『親の心』」(小野瀬健人 著)
「『食べない心』と『吐く心』」(小野瀬健人 著)
「『食べない心』と『吐く心』を越えて」(有元ゆかり 著)
にも、回復の方法が書かれています。
けれども、多くの読者は
周囲に理解者や「親代わり」になってくれる人を
見つけることが難しいようです。
私たちが考えるあるべき回復法の実践の場として、
また私たち自身の大きな夢として、
なのはなファミリーを運営していきたいと思っています。






登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.