第226回「きつく締められないこと」
【質問】
「きつく締められないこと」

 摂食障害の前駆症状で蛇口をきつく締める、ということがありました。私は、9歳頃は、蛇口をきつく締めていたのですが、母親に「こんなにきつく締めると壊れちゃうよ」と不快そうに言われて以来、きつく締めるのをぴたっとやめました。

 

お父さん:
 なのはなのお母さんは締めなさすぎ。参考までに、お風呂のお湯と水の蛇口があるとしますね、お湯の蛇口は軽くきゅっと締める、一瞬止まる。なんでか。お湯でゴムが柔らかくなってるので止まる。ところが夜中に起きてみると、……ちゃぽーん……ちゃぽーん……って寂しい幽霊の出そうな音が風呂場から聞こえてくる。幽霊でも立ってるのかなと思ったら蛇口から水が。

 

お母さん:
 普通の家は、温度設定ちゃんと出来てるから。

 

お父さん:
 熱い蛇口はお湯が止まったと思ってもちょっと締めておいたほうがいいですよ、ということだけです。参考までに。

 

【質問の続き】
――それと関係あるかないのかわからないのですが、私は蛇口は、水が垂れないギリギリくらいの緩さで締めるのが習慣になっていて、水道だけでなく、ネジとか、蓋とか、草刈り機の刃もそうですが、あらゆる締めるものが、力いっぱいきつく締められなくて、失敗したことが結構あります。ドアもきちっと閉めることがなかなかできずに――

 

お母さん:
 誰? (私と)一緒だね。

 

お父さん:
 ストーブを炊いているときでも、お母さんはドアを少しだけ開いておく。お母さんが来たら僕はドアを閉めに行く、閉めに行く。家に帰ると必ずどこかの電気が付いてる。

 

【質問の続き】
――少し隙間を開けておくのが安心です。

 

お母さん:
 そうそう。

 

お父さん:
 冬は不経済。

 

【質問の続き】
――きつく締めたり、ドアを完全に音を立てて閉じたりすることが、何かを壊してしまいそうな怖さがあり、できないと思いました。
 また、今はそうでもないのですが、きつく締めすぎてなかなか開かない蛇口に遭遇すると、無性に怒りが沸き起こってくることがありました。
 これはどういうことでしょうか。

 〈自分なりの答え〉
 母親のたしなめにより、ただ力づくでやればいいというものではなく、余裕や遊びを残すべきだということを、子供心に学んだ。
 もっと人間的に学んだら、適切な強さで締めることができるようになる。
 (適度な力の入れ加減を学ぶ)
 きつい蛇口に怒りが湧くのは、きつく締めた人が、単純に力を入れるだけで遊びを理解していないということに、腹を立ててしまっていたからではないかと思います。

 
 

【お父さんの答え】
お父さん:
 僕も、若いときあんまりきつく締められなかったくちですよね。ネジでもきつく締められない。なんか後で締めればいいんじゃないかとか、きつく締めたらそこでなにか終わっちゃう気がして、終わらせないで残しておくみたいな、そういう甘さが自分にもあったような気がするんですね。
 これはやっぱり心の問題で、心がちゃんと、なんというか一つひとつに決着をつける、結論を出すというのを嫌がっているんですよね。結論を出した途端に終わっちゃうような、なにか物事が変化しちゃうような怖さ。すべてがありのまま、今のままであってほしいとなると、緩んでるやつは緩んでるままのほうが自然なんじゃないか。言葉にして言うとそんな感じで、ギュッと締めた途端に違うものに変質してしまうような、変わる怖さというものがあるんじゃないかというふうに思うんですよね。

 蛇口くらいだったら時には適当でもいいかもしれないけど、ボルトやネジみたいなものは、きつく締めないとやっぱり困るときは困っちゃいますよね。
 僕はみんなを見てきて、「適度な」というのがあんまりないんですよね。ネジなんかの場合、締めすぎるとねじ切っちゃうということがある。ボルトでも山が取れちゃうんですね、ツルツルにね。車のタイヤ交換でもボルト締めますが、締め足りなかったり、締めすぎてねじ山が壊れちゃったり、そういうことが何度かあります。
 それからいろんな機械でもネジを締めすぎてて頭がこけちゃったみたいな、そういうようなことをした人を何度も見てきているんですね。
 加減がわからない。それはちょっと問題だなというふうに思いますね。
 僕くらいの年になるとだいたい加減がわかって、今は心置きなく締める。だけど強すぎない、適度に締めるというのが誰もみんな僕くらいの歳になればできるようになるんじゃないかな、と思うんですけど、意識して、心にけじめを付けていく、そういう心構えが大事なのかなと思いますね。

 新しい袋から新しいネジを使うときとか、やっぱり、取っておきたいような、全てを取っておきたいような気持ちになっちゃいますけど、1回使ったら二度と使わなくなっちゃうんじゃないかみたいな怖さがありますけど、そこにけじめを付けていくんだということ。
 どこかやさぐれた、壊れてもいい、どうなってもいいみたいなどこかヤクザじみた気持ちが、3割くらい。つまり、きちっと締めるけじめを付ける怖さが3割、ヤクザチックな、壊れてもいいなというのが3割。残り4割は曖昧。で、締めていく。そんな感じで行くと大体はうまく行っています。

 で、……そうね、今でも僕はきつく締めてる人に、会ったらやっぱり――「無性に怒りが」と言うけど――なんでこんなきつく締めるんだと。やっぱりゴムでしょう、蛇口だったら。ギュッと締めてるのと適度に締めてるのだと、ぎゅっと締めるほどゴムが固くなって弾力がなくなっていきますから消耗度が激しいですよね。蛇口のゴムが減るじゃないかという、そういう怒りはちょっとわきますけど。やっぱり適度な関係であってほしいなというね。
 似てるので、例えば御飯食べるときに、ものすごく噛んでる人。1回、一口ご飯を入れたら30回噛まないと消化に悪いと言われて噛んでる人を見ると、丁寧にもほどがある、とイライラしてくる。それに近いものがある、何事にも程度というものがあって。
 物事ってやっぱり、時間が経っていくと劣化していく、壊れていく、過ぎ去っていく。物事は変質して変わっていっても仕方がないんだという、少し無常感というか、それでも仕方がないという気持ちをちょっと持つといい。
 さっき「無常感」と言いましたけど。そういう気持ちをどこか後ろに持ちながらギュ、ギュ、ギュッと締めると適度な力加減ができるんじゃないかと思います。

 これは、ただ締め方を覚えるというよりも、自分の心のスタンスをどう持つかというのが本質的な問題なんじゃないか、と思います。
 包み紙、お菓子の包み紙とかでも全部、惜しげなくゴミ箱に捨てられる人は、割ときつく締められる。その包み紙をこれは後でなんかの飾りに付けられるんじゃないかと取っておく人は締められない人。僕は取っておいてもどこにしまったかわからなくなる人で、お母さんは必要な時に出てくるから不思議でね。
 お母さんはしまってあるものがタイミングよく出てくるから不思議。みんなの日記で、これちょっと印象的だから、講演のとき使いたいなとか、あとで本人に見せてやりたいなとか思う時があっても、それが何日のか忘れちゃうわけですけど、お母さんは、「9月22日の日記」とかパッと出てくる。どこへしまっておいたんだ? というくらいすごくタイムリーに出てくるのが不思議ですね。それは立派ですよね。
 締める、捨てる、どちらも似ていますよね。よく言えば、きつく締められない人、捨てられない人は、情緒が深いのかもしれませんね。

 
 

(2019年12月27日掲載)









第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます。
 
第66回~第100回(クリックすると一覧を表示します)
第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
 
第101回~第150回(クリックすると一覧を表示します)
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
 
第151回~第200回(クリックすると一覧を表示します)
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
 
第201回~第250回(クリックすると一覧を表示します)

第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」
第222回「リモコンの操作と、ゴミの分別が覚えられなかったこと」
第223回「相談をしたり、買ってもらったりすることが怖い」
第224回「ケアレスミスが多い」
第225回「恥ずかしさにどう対処するか」
第226回「きつく締められないこと」
第227回「豆掴みと羽根つきが、うまくできるようになっていた」
第228回「プライドを守り合える関係」
第229回「人間味を学ぶために」
第230回「リーダーをするときの不安と罪悪感」
第231回「幸せについて」
第232回「不思議ちゃんと言われていたのはなぜか」
第233回「話の絶えない人になるには」
第234回「サービスをする人になる」
第235回「ソフトボール部に入らなくてはいけない気がする」
第236回「ディストピアと野蛮人の村」
第237回「好きと言ってみる」
第238回「質問がまとまらない」
第239回「ソフトクリーム」
第240回「謙虚について」
第241回「人との間にしか幸せはないこと」
第242回「思いっ切り遊んだことがない」
第243回「癇癪について」
第244回「友達について その①」
第245回「友達について その②」
第246回「センスよく生きる」
第247回「根拠のない自信」
第248回「先生になること」
第249回「演じること、正直になること」
第250回「怒りと感謝の気持ちは共存しない」
 
▶第201回~

第251回「アメリカンドリーム」
第252回「悲しむこと」
第253回「限界までやってみる」
第254回「リーダーの向き不向きについて」
第255回「悲しくならない求め方」
第256回「人前に立つ緊張」
第257回「野菜の見方」
第258回「プライバシーについて」
第259回「寝相について(前半)」

Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.