« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「お母さんがツツジを剪定するように」 あけみ




12月14日

○剪定
 今日の午後に、竹置場の整理が早く終えた後、お母さんがツツジの剪定をされていました。
 まみちゃんと一緒に、すこしお母さんの横にいさせてもらった少しの時間が、私にとって1日のご褒美のように嬉しい時間でした。
 「剪定するときは、その後の枝の成長や、今までの成長のこと、1年後のこととか色んなことを考えてするんだ」
 「ただ丸くしてるように見えるけど、違うんだよ。全体としてバランスが取れているか、綺麗に見えているかを常に考えながらその形を整えているんだよ。それは、皆にも同じことが言えるんだ。」
 「1つだけのツツジに集中してしまって、どんどん剪定したら、全体としてのバランスが悪くなる。
 みんなも、自分にばっかりこだわらないで、全体を大きくみて、その場で自分はどんな動きをしたらいいのか、どんな役割なのか認識して、尽くしていけばいいんだ。」
 すこし言葉が違うかもしれませんが、お母さんが剪定をしながら教えてくれることを、しっかりと胸に落とし込みたいと思いました。
 それはあゆちゃんが、ダンス練習の時に教えてくれることと全く同じことでした。
 お父さんお母さんやあゆちゃんが当たり前のように見ている世界、価値観なのだと思いました。
 お母さんがツツジを剪定するように、お父さんお母さんはなのはなファミリーという全体の組織を大きくみつつ、1人ひとりのことを、その人の流れや成長、次のステップを見越しながら、応援してくださっているのだと思いました。

 お母さんの剪定するそばでの空気や、言葉、一緒にいられるだけでとても嬉しかったです。

 お母さんの「あけみがなのはなに向かう気持ちが好きだよ」の言葉は、本当に本当に本当に嬉しかったです。
 お父さんお母さんの子でいられるのが本当に幸せです。
 だから、今度は次の仲間につなげられるように、成長します。

 まだまだ未熟で、今日も車の停め方で地域の方や、なのはなの皆にも迷惑をかけてしまいました。
 自分のことで視野が狭くなり、周りへの配慮、気配りができていなかったです。
 本当に申し訳ないことだったし、悔しかったです。
 でも、ここから成長するしかないです。
 1つひとつ良いことも、悪いことも、自分のものにしていきます。

 お父さんお母さん、大好きです。

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.