写真:さとみ  文:たけひと

いまの季節に、なのはなファミリーとその周りで見ることのできる花たち。
それぞれの花の表情と物語を、写真と文章でお届けします。
(「なのはなファミリーで見られる花」は毎週月曜日に更新しています。)






第21回(2019年10月3日)

野菊

「民さんは野菊のような人だ」
政夫は民子を野菊の花になぞらえた。
――伊藤左千夫の『野菊の墓』。
生まれて初めて、
書店の棚から選んだ小説で、
とめどなく涙が流れることを知った。
13歳だった。

あれから半世紀の時が流れ、
身体は老年の域に入ろうとしている。
しかし、ふと、野菊に出会うと、
一瞬で、13歳の僕が胸の中に甦る。
あなたは、民子さんと政夫さんのように、
       今日まで生きてきましたか?
野菊は私に、そう問いかけるのだ。

〈撮影場所:古畑、石の下畑〉



これまでの花
















Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.