« ★前のページ  ||  ★次のページ »

10月6日(日)「『バッド・ロマンス』バンド、ダンスの合わせ&小豆の収穫」




10月6日のなのはな

のんちゃんが、
「バッドロマンス」のダンスの、
キャッチアップをしてくれました。
私たちは、簿記部の授業を受けていて、
ダンス練習に参加できていなかったので、
今日初めて、みんなのダンスを
前から見させてもらいました。

曲が始まった途端に、
大人数で歯車のような体形が、
一斉に動き出して、
一気にその世界に吸い込まれるような、
くぎ付けになりました。
50人のダンサーが、
ステージの上でそれぞれに
動き続けているだけでも大迫力で、
その上、一瞬全員が
ぴったりと止まる瞬間もまた美しくて、
自分もこの一員として踊れることを思うと、
ワクワクしました。

IMGP4652
IMGP4745 今回は、ダイナミックな
フォーメーション移動の連続で、
何重もの円や、放射状に並ぶ場面など、
色々な体形があります。
のんちゃんが、1つ1つ丁寧に教えてくれて、
移動ルートも細かく区切って
確実に進んでいくことができました。

1つ1つのパーツを作っているときは、
どんな風になるのか想像もできなかったけれど、
最後に曲で合わせたとき、
自然と体が動いていく感じがして、
こんなにも大人数のフォーメーションや
振り付けを創り出せるのんちゃんが
すごいなと思いました。

IMGP4769
IMGP4843 また、夕方には、
バンドとの合わせ練習をしました。
村田先生やりゅうさん、
台所のみんなも見に来てくれました。

前奏でキーボードの不思議な
メロディーが流れてきて、
そのあと一瞬の間から、
あゆちゃんの力強い歌声が身体に響いてきて、
より一層力が湧いてきました。

コンサートに向けて、
1つの曲の形が出来上がったことが嬉しくて、
ここからが本当のスタートだなと思います。
みんなかの中の1パーツとして、
コンサートという歯車をつくる1人として、
全力を尽くしたいです。

(れいこ)

 
 
***
午後から、大人数で小豆の収穫をしました。
みんなで植え付けをしたときのことが
今も鮮明に思い出すことができて、
もう収穫なのかと思うと、
早いようにも感じました。
天気も良くて、大人数で畑に向かえることも
嬉しく感じました。
小豆の植わる畑は全部で12枚あります。
この日は近々の雨降り前に、
6枚の畑を一巡する目標で進めました。

まずは桃横田んぼから始めました。
桃横田んぼは1畝が長いです。
でも、リーダーのやよいちゃんが
並び方を工夫して考えてくれて、
1畝に4~6ペアが入って進めていきました。

P1010022
   
葉が茂った株元にしゃがみこむと、
小豆がたくさん実っていました。
莢がカラカラに乾燥して、
触るとパリッとしています。
実がたくさん入った、
長い小豆が鈴なりについているところも
いくつもありました。
次から次へと収穫見頃の莢が目に入って、
取り始めると手が止まらなくなりました。
1つ手に取り、そっと莢を外すと、
赤く膨らんだ大粒の小豆が並んでいました。
とてもきれいでした。
寒い冬にみんなとおやつでいただく、
小豆たっぷりの熱々のぜんざいが
頭に浮かんできて、
今季も大豊作だといいなと思いました。
手に持つ袋には、
小豆がどんどんと溜まっていきました。
 
   
 P1010019 自分の担当する畝が終わると、
「次の畝に入ります!」と
みんなに伝わる大きな声で叫びます。
そうすると、みんなは、「はいっ!」と応えます。
途中から、やよいちゃんが、
「返事を替えます!今からみんなは、
「はい」ではなく、「早っ!」と言ってください!」
と言いました。
「次の畝に入ります!」と誰かが言うと、
みんなで、「早っ!」と返します。
わたしも、「次の畝に入ります!」と言ったら、
周りにいたみんなが、「早っ!」と
明るいトーンの声で返してくれて、
普通の返事よりも何倍にも嬉しさを感じました。
相乗効果のように、
自然と収穫するスピードも上がっていきました。

また、誰かの声に、「早っ!」と応えるのも楽しくて、
明るい気持ちになりました。
畑の中でも、
ウィンターコンサートに向かう
発声練習をしているみたいだと思ました。
広い石生田んぼのなかにある桃横畑は、
活気が溢れていました。

作業は13時から始まり、
1枚目の桃横田んぼは
14時までの1時間目標でした。
全畝を見終わったとき、
やよいちゃんが、「みんな、今は13時35分です!」
と言いました。
みんなで、「早っ!」と言いました。
そして、みんなで、
「本当に、早っ! だね」と笑いました。
それからは、開墾17アール畑、
新桃畑、うなぎ取り畑と畑を回っていきました。
開墾17アールも広い畑ですが、
桃横畑の勢いのまま
みんなで声を掛け合って進め、
30分もかからずに終わらせることができました。
1枚1枚を確実に終えて、
次々と畑を移動していくと、
自分の心の中に小さな達成感が
少しずつ積み重なっていくのを感じました。
 P1010012
   
2手に分かれていたそれぞれのチームは、
5枚目の滝川横畑に集結しました。
滝川横田んぼは今日1番の強敵でした。
畑の面積が広く、畝の数が多い上に、
小豆もたくさん実っていました。
1畝進むだけでも、袋の中が重くなっていきました。
少し疲れが出てきたころ、
リーダーのやよいちゃんが、
掛け声を変える提案をしてくれて、
全体の空気を一変してくれました。
また、それまでいくつかのペアごとに分かれていたのを、
全ペアで1畝に入る作戦に方針を変えました。
全員で1畝に入ると、
みんなで横一列になって進んでいけることが目に見えてわかります。
みんなのやる気もさらに上がっていき、
最後のラストスパートに向かうことができました。
 
   
P1010011 リーダーのやよいちゃんが
みんなの気持ちを上げて、
楽しく明るい空気で引っ張ってくれて、
最後の最後まで大人数のみんなと
協力して進めているんだということを
感じながら作業をできました。
その空気がとても嬉しかったです。

天気予報が変わって明日の雨が先延ばしになり、
また明日の日中に続きができそうです。
みんなの頑張りとやる気が空に届いて、
天気も味方してくれたようです。
収穫時期を逃さないよう、
雨前に一巡目は終えて、
ベストな状態で小豆を収穫していきます。

(るりこ)

   
 
***
夜の時間を使って来る10月14日、
お父さんのお誕生日会の準備を進めています。
お父さんのお誕生日のお祝い、
ウィンターコンサートに向けて、
衣装や演出、表現者としての自分たちの気持ちを
作っていく大切な会です。
みんなで力を入れて楽しんで作っています。
IMGP4896
« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.