第219回「苦手なことをする時間を苦痛に感じてしまう」

【質問】
 好きなことをしているとき、時間が速く過ぎるのに、苦手意識があることをしているとき、その時間が苦痛に感じてしまいます。
 私は畑に出ているのが好きで、畑にいる時、すぐ時間がたってしまいますが、苦手な楽器やダンス練習となると始まる前から不安でその時間も苦痛に感じてしまいます。

1.気持ちができている人はもっと色んなことに楽しみを感じていますか。
2.どうしたら苦手なことをしている時間も苦痛に感じずにいられますか。

 自分の答え
 わかりませんでした。

 
 

【お父さんの答え】
お父さん:
 僕は小学校のときに一番キライな授業が、体育だったんです。
 それが、高校のときに、他の授業はサボっても体育の授業だけはかならず出るというふうに変わったんですね。なにかが変わった。それは人生観が変わったんだと思いますね。
 だから、好きなことというのが、変わっていくんですよね。
 どう変わったか。
 こういうことなんです。高校の時の運動会でした。高校くらいになると随分大人に近づいてきて、恥ずかしさが強くなってくる。100メートル競走だか80メートル競走の徒競走があった。そのとき一緒に走ることになった同級生が、
「おいおい、ちょっと、力抜いて、みんな一緒にだいたいで走ろうや」
 つまり、なんとなくまとまって、真剣に走るのやめようや、って言うわけです。誰も勝ち負けなしにしようということ。小学校の時だったら、「そうしよう」って言ったと思いますよ。そのとき、僕が言った言葉。
「嫌だよ。俺は本気で走る。思いっ切り走れお前も!」
 「えーマジかよー」みたいなふうになりましたけど、みんな真剣に走りました。
 そんなふうに人生観が変わったんですね。
 特に速くなったとか、そんなのどっちでもいいんですね。思いっきりやるのが楽しいって変わった。思い切りやったら下手でも遅くてもなんでも楽しい、思い切りやらないと嫌だって人生観が変わった。
 恥ずかしいだとか、見られたくないだとか、負けるのが嫌だとか、そういうのがあると、なあなあで走りたくなっちゃうんですね。それがなくなると、楽しめるんですね。
 ダンスでも、楽器演奏でも、うまくても下手でもいいんですね。思い切りやって、それを見てもらう。

 僕は高校3年の文化祭のとき、アルトサックスで、ジャズの演奏をしたんです。
 ジャズの演奏と言ったって付け焼き刃ですからレパートリーはたった4曲だけです。
 ただ、例外で5曲目があった。5曲目は何か。前衛ジャズです。
 先輩で、前衛のジャズギタリストがいた。その人は、前衛ですから無茶苦茶なことをやる。それで、弓でエレキギターをギュッギュッて弾いたりする。
「一人でやってると馬鹿みたいだからお前と共演しよう。お前もでたらめに吹け」
 僕がアルトサックスで、なんでもいいからでたらめに吹けというんです。思いついたなりでいい、と。楽譜は無いですよ。その先輩が何やるかわからない。ただ、
「出だしだけ俺がやるから、そうしたら、途中からお前が入れ」
 それで、もう滅茶苦茶やったわけですね。汚い音でもきれいな音でもなんでもいいんです。旋律があってもなくても思い切り吹く。汚いときはビュビュビュビュって。これが一番楽しかったですね。それが一番受けましたね。なんだかわからないけど面白い。そういう音でいいんです。なんだかわからないけど思い切りやって、自分が楽しむというね。楽しくやる、そういう気持ちになったら、楽しめるのかなというふうに思うんですね。

 で、ダンスとか楽器も、本当に僕は楽しいと思うんです。だから楽器練習でちゃんと楽譜通りにやったあと、試しに、最後の15分、前衛の演奏をやったらどうでしょうね。
 めちゃめちゃに。楽譜と関係ないから。ブリブリブリ。ピイーーーー! ってね。それを楽しみに、楽譜を吹く。
 それがいいと思うんです。
 今度のステージでやってもいいよね。
 楽器全体の演奏、ちゃんちゃちゃんちゃん……ってやったあと、終わって拍手になったら、いきなり、ブリブリブリバリバリバリ! カンカンカン……しーんっとなって、みんな、何だと思ったらまた、ブリ、ブリ、ブリ、バアッバババ。何なんだ、こいつら狂っちまったのか。そういうのがいいよね。そしたら誰でもソロやれるから。
 お辞儀して去っていく。ソロだから。お辞儀する。バリバリバリ、ピーーー!!!! ってね。リード、ピー! と鳴らしてもいい。それで、すましてお辞儀して。
 要はそういうふうに思えば楽しめるっていうことなんです。気持ち次第なのかなと思うんですけどね。どうでしょうね。

 

お母さん:
 それ、一回、練習してみよう。

 

お父さん:
 決まった定期練習の後、変な音を出して、前衛の音で、演奏する。いいですね。
 でもね、意外に、難しいのよ。
 意外に難しい。それはムチャムチャにピアノ引いてみようと思ってやってみたらわかる。ムチャムチャに弾けないんですよ。前衛のジャズでキーキーやったりガンガンやっても結構、ピアノの鍵盤が強い。バンッてやってもあまり音出ないんだよね。肘で鍵盤を打ち付けたくなっちゃう感じがわかる。音が出ないんですよね。難しい、無茶苦茶やるのも、本当は技術がいりますよ。むちゃくちゃやってるうちに技術が伸びるというのはあると思いますね、本当にね。本当にお母さん、やろうかね。

 

えつこ:
 やりたい!

 

お父さん:
 これだけの人数で前衛でって言って、ぴーーーきゃーってやったら、さ。

 

まゆ:
 なのはなの子、変になったって噂が。

 

お父さん:
 観客が、「初めてだよあんな演奏会」って喜んでくれるかもしれない。

 

お母さん:
 一皮むけるかも。

 

お父さん:
 むけるよ。
 お母さん、1回行ったよね、山口県の変な旅館に。

 

お母さん:
 「西の雅 常盤」っていう旅館があって、そこの女将がね。すごいよ!
 もう70歳以上だよね。

 

お父さん:
 その女将さんがワンマンショーで泊まり客を楽しませてくれる。
 20代後半でそこの女将になってから、1日も休まず土曜も、平日も、毎晩、ショーをやってる。88のレパートリーがあるわけ。もう多彩ですよ!

 

お母さん:
 一回行ってきてみて、河上さん。

 

お父さん:
 早着替えもあるし、水の手品みたいなのからね、若い男の子と女の子と組んでのイリュージョンとか、早着替えでいろんな芸を見せてくれる。

 

お母さん:
 終いにはレオタードで出てくる。

 

お父さん:
 着替えが終わったあとレオタードで出てきてボヨンボヨンの体で、それで踊るわけ、無茶苦茶ですよ。
 琴の演奏もあります。最初は普通に弾いているんだけど、途中からだんだん叩くようになる、パンパンパン、バーンバーンバーン! しまいには棒を持ってきて、その棒で琴を叩き付ける。

 

お母さん:
 棒じゃないんやで、バットやったんやで。

 

お父さん:
 なんなんだこれ! ってもう、度肝を抜かれますよ。正気に見えない。

 

お母さん:
 でもすごい、琴が上手だったんだって。

 

お父さん:
 琴の先生が、「あんたのショー随分評判がいいから見に行くわ」と言って、見に来て、先生の前でバンバン! ってバットで琴を叩く芸を見せたら先生が怒って帰って、二度と来るなって言われた、とか。

 

えつこ:
 琴、壊れないんですか?

 

お父さん:
 ええとね、結構、琴は丈夫かもしれない。
 ただ、演奏途中でブリッジみたいなの全部吹き飛んでいますよ。弦もバラバラに。

 

お母さん:
 それで最後はね、自分の髪の毛、ぱっと取って、墨つけてね、障子にね、書道するの。

 

お父さん:
 そうそう。最初は筆で書いてるんだけど、筆で飽き足りなくて自分の髪の毛でベチャベチャ。「ありがとうございました」って言うのもうね、墨だらけ。

 

お母さん:
 それで、観客がみんなそこの泊り客じゃない? それで「ありがとうございました」って言って、入り口で、握手しないといけない。墨だらけだから。
 「お風呂へ入ってくださいね」って言われて。

 

お父さん:
 実は別の用があってそこに行って、たまたまその旅館に泊まっただけ。ただ、ネットのコメント欄に「女将の芸が、痛い」って書いてあったのね。痛い芸ってなんだろう? とは思ったけど、何も期待していなかった。でも……もう見てて心が痛くなってくる。
 羽根を伸ばそうとして温泉に来た人が、みんな見るわけだ。「今日、何時からショーがありますから見に来てください」と館内放送がかかる。
 僕らも見に行くつもりもなかったけど、たまたま時間があるから見るかって、見たらね、もう本当に、ストレスある人とか、鬱憤ある人が見たら、スッキリするでしょうね。
 最初は和服のきれいな服を着ている女将さんが、だんだんレオタードになっていってこんなふうに踊る。ありえないって思います、有り得ないですよ。有り得ないシーン。
 もうほんとに、痛い。痛いよね。自分の全てをさらけ出して見せるっていう芸ね。
 あの、で、それが見たくて通ってくる人もいるんじゃないですか? ほんとに、ああ、人って何をやってもいいんだなって思わせてもらえるからね。
 多分、琴も最初の頃はちゃんと弾いてたと思うのね。
 だけど、それよりかバットで殴ったり蹴っ飛ばしたりバンバン叩くほうが、いいと思ったんだろうね。

 

お母さん:
 なおとやけいたろうみたいなのがお付きでいて、着替えさせたりとかしてたね。

 

お父さん:
 男の子と女の子が踊ってて、そのお婆さんをぶん投げたりした。アクロバットありイリュージョンありなんだよ。

 

お母さん:
 女将さん、ハア、ハア、言いながら全力なの。

 

お父さん:
 なあ。

 

お母さん:
 そうだよ……まだお元気かなあ。

 

お父さん:
 元気だと思うよ……あの人、土日も無く、ね。

 

お母さん:
 普通は土日だけっていう感じじゃない? 

 

お父さん:
 やり始めてから、休んだことがないんだって。

 

お母さん:
 お客さんが5,6人でもやるんだって、同じの。

 

お父さん:
 でもほとんど満員だよ、そこの旅館はね。ほかの旅館を見に行きたいとか、休みたいと思ったことが一度もないと女将さんは言ってた。レパートリーは増える一方でね。

 

お母さん:
 そうそう増える一方と言っていたね。
 ほんとうにもうスターよ。

 

お父さん:
 なんていうかな……。

 

お母さん:
 握手しに行きたくなるもんね。

 

お父さん:
 信じられないよ。理性ある人が理性を手放したときこうなる、っていう見本だね。
 みんなそんなふうでいいんだろう、と思うんですよね。
 よその旅館はどうか知らないけど、その旅館はいつもほぼ満員ですよ。その女将を見たくて来るんじゃないかしらね。
 そんなふうに自分の、何もかもすべてを、例えば運動神経が悪い、自分は音痴で音感が悪い、リズム感が悪い、それでもその悪さを精一杯全てさらけ出して生きていこうと思ってるうちに、何かしらの運動神経とか、何かしらの音感だとか、得意楽器とか、何かしら見つける、あるいは楽しみ方を見つける、そんなふうになるんじゃないかなって思うんですよね。

 僕は高校のときから、破れかぶれが好きになったんだよね。破れかぶれでいいんじゃないのって考えが変わった。破れかぶれになったとたん、自分で自分に何でも許せるし、何をやっても恥ずかしくなくなった。人前で、自分のすべてをさらしながら生きていく、っていうふうに、人生観を変えようよ。

 
  
 
(2019年10月4日 掲載)









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.