« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「その世界に引き込んでいく」 けいたろう




9月28日

・ウィンターコンサートに向けてのあれこれ

 今日は一日限定の音楽合宿ということだった。
 まずは恒例の柔軟、筋トレ、ウォーキング練習と発声練習だ。
 このサイクルは非常に有効であるように感じる。身体も少しずつ鍛えられている感覚がある。
 今日のウォーキング練習は二人組を組んで一人が歩き、もう一人がアドバイスをした。
 私はまゆこさんとペアになってお互いにフォームを見た。
 ここでいくつかの自分自身の課題を見出すことができた。
 1、2、3というリズムで一歩を踏み出していくわけであるが、3のときにスムーズに体重移動ができておらず、身体が弾むようにシフトしているということであった。
 そしてそのときの姿勢が正しくなく、腰から前に出ていなかった。
 腹筋と背筋を最大限使って滑るようななめらかな移動を心掛けていきたい。
 
 バンド練習では『バッド・ロマンス』をコーラスのみんなと音楽室で合わせた。
 あゆさんからこの曲のコーラスをするにあたっていろいろなアドバイスがあった。
 曲の展開にあわせた歌い方を使い分けるというのは面白いと思う。
 はじめはいじわるそうな雰囲気で、そしてラストではきれいな歌声に変わる。
 性格やキャラを変えて歌うことで聴いているひとたちもその世界に引き込んでいくということなのだろう。
 私も電子ドラムを叩きながらみんなのコーラスや歌っているときの表情を見ていた。
 完全に悪者になりきって演じている人もいたし、一生懸命な人もいた。
 どれも心打たれる目線や顔をしており、観る人にいろいろな感情を与えるだろうと感じた。
 私の電子ドラムは上手い具合にギターやベース、キーボードやボーカルの盛り上げ役になれたらいいな、と思いながら音合わせをしていた。
 そこまで浮いている感じはない。ただ全面に出過ぎても行けないのでそこは難しい。
 リズムキープを心掛けたい。
 
 午後は『アイネ・クライネ』の楽器練習があった。
 主となるメロディーがパーカッションパートにはないので苦戦しがちである。
 後半に他のパートの人に来てもらって合わせ練習をしたらやりやすかった。
 鉄琴、木琴のパートがなかなか大変そうであると見る。もっと原曲を聴きながらの個人練習が必要になってくるだろう。
 私の電子ドラム(ティンパニー)については、ドラムロールのようにして叩く場面がいくつかありそこに少し難儀している状況だ。
 まだ細かく打てるはず、だが左手に違和感がありもつれてしまうこともある。
 あとはもっと音の強弱をはっきりさせなければならない。
 二回目の全体での合わせをして、着実にゆっくりではあるがレベルアップしているのを感じる。
 その中で自分のパートをおろそかにせずにまわりの音を良く聞いて本番を意識した表現を追求していきたい。
 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.