« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「あるべき音を見つける」 えつこ




9月26日

 昨日、生きててよかったと思うくらいに嬉しいことがありました。
 最近、やよいちゃんが、トロンボーンを教えてほしいと声をかけてくれます。
 やよいちゃんの上達がすごくはやくて驚いています。
 最初はミの音までしか吹けなかったのが、今ではロングトーンの音階をすべて吹けます。
 ある日突然、しっかりとした音で高いB♭まで吹いたので、驚きました。
 短期間でそこまで吹けるようになった、その努力に、頭が下がります。

 昨日は、『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』の最初の2小節を練習しました。
 私は、これまで研究してきた、吹くときの心構えや練習方法を伝えました。
 1小節ずつ繰り返し練習して、できるようになったら次の小節を練習して、慣れたら2小節をつなげて吹くこと。
 難しいフレーズはさらに分解して、2音ずつ繰り返し練習して、慣れたら3音、4音と増やしていくこと。
 8分音符が並んでいるフレーズは、最初は8分音符を2分音符にして練習して、できるようになったら、4分音符、だんだんはやくして、8分音符で吹けるようになること。
 これらは、お父さんに「デタラメを吹くんじゃない」と怒られてから、悔しさをバネに練習する中で見つけた方法です。
 私は人一倍不器用で、何かを習得するのに時間がかかってしまい、自分の不器用さを何度も恨みました。
 でも、不器用なことは悪いことばかりではないと思いました。
 不器用だからこそ、ちゃんとできるようにと自分なりに工夫してきたから、それを人に教えることが出来ます。
 そしたら、その人は遠回りをせずによりはやく上達することができます。
 出来ないからと拗ねずに、出来ないからこそコツコツと努力を積み重ねることで、後に続く人の道を作ることができるのだと思いました。

 やよいちゃんが、「好きな人に教えてもらうと力をもらえる」と言いました。涙が出るほど嬉しいです。
 私のほうが、やよいちゃんのまっすぐな情熱から、良い刺激をもらっています。
 教えることで、自分も、トロンボーンを吹く上で大切なことを再確認できます。お互い様です。
 私は、決して才能があるほうではないと思います。
 一曲を吹けるようになるのに、誰よりも蓄積練習量が必要です。
 今も、音域やスライド捌きで苦戦しています。
 でも、コンサートでは、必ずあるべき演奏ができるだろうと、根拠のない自信があります。
 私のプライドにかけて、あるべき音を見つけます。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.