« ★前のページ  ||  ★次のページ »

9月21日(土)「音楽合宿第1弾スタート! ―魅せる表現を目指して―」




9月21日のなのはな

●音楽合宿第1弾が始まりました!●
   P10186381

コンサートまで78日、11週間。
確実にコンサートまでのカウントダウンの数字は小さくなっていきます。
音楽合宿第1弾がスタートしました。

 P1018633 9時に体育館に集まり、
柔軟やウォーキング練習の前に
みんなでOMTを行ないました。
OMTの内容は、
「今日の音楽合宿で楽しみなこと
力を入れたいこと」というお題でした。
自分のなかにあった
曖昧な気持ちを言葉にできたり、
まわりの人の言葉から
さらに目標を具体的に持てることができました。
柔軟や筋トレ、ウォーキングをしました。
この1回1回の練習や筋トレがコンサートに繋がり、なのはなの表現に繋がり、
まだ見ぬ誰かの力につながる、ということを改めて意識して練習することができました。

ウォーキングの練習のあとにお父さんが、
「ダヴィンチはただ写実するのではなく、その人の気持ちを表現したこと」
「オリンピックでスピードスケート選手がオリンピックという大きな舞台の
大観衆のなかで早く走るという練習をして、メダルを取った」という話をしてくれました。

その話から、練習のための練習、表現のための表現ではなく、
”何のため”に表現するのか、”何を”表現したいのか伝えたいのか、
という意志や目的をハッキリと持つことが重要なことを伝えてくれました。
表現には技術だけではなく、1番は気持ちや心が改めて大切なことを感じました。
 

私たちは、12月にあるコンサートに向けて
練習をしています。
勝央町の文化ホールというステージの上で、
たくさんのお客さんの前で表現をします。
これからその大きな目的やゴールを意識しながら、
目の前の練習で小さく目標を立て、
プランを持ち、みんなで達成してきます。
そのコンサートに向かって行く過程、
プランの持ち方、考え方、心など、
そのすべて、今のこの瞬間が
とても大切なものだと感じています。
P1018714 
   P1018719
〈サックス〉

P1018693
〈トロンボーン〉

ウォーキングのあとは、
全体演奏の楽器練習を行ないました。
サックスはクラリネットと一緒に
合同で練習をしています。
基礎練習もいつもより時間をとり、
練習できたのも嬉しかったです。
私が担当している楽器はテナーサックスです。
タンギングをアクセント、テヌート、
スタッカートなどでハッキリと変えることや、
音を拍数どおりに音を出すことなど、
基本的なことが難しいと感じました。
この3日間で基本的な部分を
確実に自分のものにしていきたいと思いました。
P1018706 
〈大正琴〉
 P1018669
〈パーカッション〉
全体演奏では
『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』を演奏します。
今回は細かく区切って練習をしました。
今日の全体の目標はA、B、C、D、Eまで
各パートで形にするという目標でした。
楽器が違っていても、
みんなが同じ目標に向って
一緒に練習をしていると思うと心強かったです。

サックス、クラリネットのパートは、
音の幅が広くあるので、
みんなで合わせをすると
曲の全体像がみえてきます。
パートで練習していた音が
みんなで合せてみると
曲が立体的になるのが面白いと感じました。
この音楽合宿の3日目に
合わせをするのが楽しみです。

音楽練習をしていると、
生きる上で大切なことにもたくさん気づかされます。
練習のなかにヒントが
たくさん転がっていると思いました。
楽器、コーラス、ダンスなどをしながら、
深め、心を耕し、なのはなの気持ちを
自分にいれることができることが
とても嬉しくて、幸せなことだと感じました。
今の私の精一杯で吸収し、
そしてそれを次に繋げられる人になりたいです。

(あけみ)

 P1018649
   
   
***
   
P1018761 音楽合宿1日目の午後は、
『グロウン・ウーマン』と、
『ディス・イズ・ミー』のコーラス練習をしました。
英語の歌詞も、
より自然な英語の発音に近づけていきました。
『グロウン・ウーマン』のコーラス練習では、
この1回で覚えようと集中しました。
『ディス・イズ・ミー』の練習では、
始めにみんなで眼を閉じて曲を聴きました。
眼を閉じると、音の迫力に引き込まれていきました。
最終的な着地点、何を伝えたいかを
イメージしてから入ることができました。
バンドメンバーの演奏のなかで、
コーラス練習が始まりました。
あゆちゃんの指揮、光り輝く眼の先にある
イメージに近づけたい、と思いました。
本番の観客をイメージし、
歌は手段だという意識を高めました。
P1018794
P1018756 良い音楽は、見せ場の連続であること。
この『ディス・イズ・ミー』という曲は、
全員が意識を集中させて、
見せ場を連続させていく曲であること。
全員が意識を落とさずにこうあるべき
という見せ場を作り続け、やり遂げている、
それが観客を感動させるということ。
ホールの2階席に響かせる音。
消えずに、そこにい続けるような音。
常に腹筋に力を入れて、
魅せるための音を作り続けようとしました。
練習の途中、台所を進めてくれている
りゅうさんたちが見きに来てくれました。
音楽に集中しながらも
夕食には美味しいカレーをみんなで
食べれたのもとても嬉しかったです。
夜もコーラスの練習をしました。
全体で1つのことに向かっているから、
自分も高い意識を持とうと思えます。
音楽合宿でみんなを近くに感じ、とても嬉しいです。

(まよ)

P1018748
〈バンドは『シャンデリゼ』の練習を進めました〉
« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.