« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「家族みんな1つになった一体感の中」




9月13日

○家族総出の手刈り

 今日は涼しい風と秋の香りが漂う中、池下田んぼとコミュニティ田んぼを、永禮さん含むなのはなファミリー総出で手刈りしました。
 私は初めて手刈りをするので昨日からとても楽しみに待ち望んでいました。
 役割は運び係で、手刈りして藁でくくったものを運ぶという仕事でした。
 お母さんも力いっぱい藁をくくってくれていて、一緒に田んぼで作業ができたのがとても嬉しかったです。
 また何か一緒に作業できる機会があったら、私はいいところたくさん見せて、お母さんに好きになってもらいたいと強く思います。

 皆が刈ってくれた稲を運んでいるとき、涼しい風に乗って稲穂のいい香りが漂ってとても気持ちがよかったです。
 また、永禮さんのトラックに運び部隊でバケツリレーをした時、「はい!」「はい!とみんなの元気な声がぴったり合わさりました。
 ものすごい勢いで畔にまとめておいた山盛りの稲が消えて行って永禮さんのトラックに高く積みあがって行ったときは、スピード感に驚き同時にリズミカルに作業が終えられたことがとても充実感を感じられました。
 初めて手刈りに参加して、家族みんな1つになった一体感の中作業をさせてもらえて嬉しかったです。

○久しぶりの水やり

 まみちゃんと一緒に河原下の地這いキュウリの水やりをしました。
 畝づくりに参加した時に見た小さい苗が今日は広い畝一杯に大きな緑の立派なを茂らせて、黄色のかわいらしい花をいくつも付けてて、元気に育ってくれていて安心しました。
 1株27秒で全部で1000リットルの水をあげる予定だけど、前回水やりしたまみちゃんが、「27秒は結構最後のほうギリギリなので、気持ち早めに数えてもらったほうが安心かもしれない」と教えてくれて、その上効率のいいホースの引っ張り方なども親切に教えてくれてとてもスムーズに水やりができました。
 しかし、最後3株は水が足りなくなってしまいました。
 すると河原小麦の水やりをしていたさやねちゃんがじょうろで水やりをしてくれて、無事終わらせることができました。
 さやねちゃんもエンジンポンプが壊れてしまって大変だったのに、私たちの作業まで手をまわしてくださって、とても助かりました。
 さやねちゃんの視野の広さ、自分ばっかりではないところにより一層憧れを抱きました。

○古吉野に新米が!!

 お父さんたちがコンバインで刈ってくださった新米がついにライスセンターから私たちの古吉野に届きました。
 みんなで中二階の階段のところに運びました。
 私は、「すごい!こんな沢山のお米が家にあるなんて!」と、とても驚きました。
 いったい何日間新米を食べ続けられるのか、いつから新米が食卓に出るのか、午後の作業の休憩の合間ずっと考えてました。
 楽しみすぎて明日の朝からでも出てくれないかなってものすごいワクワクドキドキです。
 お父さんたちが頑張って暑い中刈ってくれて、皆で食べられるということがとてもありがたいし幸せなことだなって思いました。
 今日もお父さんは那岐山の田んぼをコンバインで刈ってくださって、感謝するばかりです。ありがとうございます。大事にお米を食べたいと思います。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.