« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「明るい声と笑顔で」 りんね




9月13日

*手刈り

 今日は池下田んぼとコミュニティ田んぼの手刈りをしました。
 私は運び部隊として参加しました。
 昨日から気候が涼しくなり、手刈りには絶好の、とても動きやすい天気でした。
 田んぼの土も乾いていて、靴を履いたまま軽々と進むことができました。
 
 池下田んぼでは、れいこちゃんから稲を受け取っていました。
 明るい声と笑顔で受け渡してもらって、すごく嬉しかったです。
 田んぼに直接はぜを立てるのも、いいなあと思いました。
 池下田んぼの森の中のような空気の中にはぜ干しされた稲が並ぶと、南国に来たような気がしました。

 コミュニティ田んぼでは、結ばれた稲を永禮さんのダンプまでバケツリレーで運びました。
 コミュニティ田んぼは場所も、稲もよく乾いていて、すごく動き回りやすかったです。
 稲起こしをした田んぼですが、米がとてもきれいで嬉しかったです。
 お父さん、お母さん、永禮さんが勢ぞろいで一緒に手刈りができて、とても嬉しかったです。
 運びはちょっと人手が余り気味で、私はかなり余力を残してしまったので、次回は刈ったり縛ったりできたらいいなと思います。
  

*ギター

 昨晩はエレキギター教室がありました。
 今は『ビート・イット』を練習していて、すごく楽しいです。
 盛上さんがソロで演奏しているのを見ていると、やっぱりすごくかっこいいです。

 ギターに関して、お父さんに生き急がないことを教えてもらってから、無理に練習しなければならないと思うことをやめました。
 今はほとんど教室の時間でしか練習していないのですが、今すぐうまく弾けなくてもいいやと思えて、本当に気が楽になりました。
 ソロパートも一応練習しているのですが、そういう心持でやっていると、ただただ楽しくて、いつか弾けるようになるだろうという確信もあって、安心して練習できるようになりました。

 あと、ギターで耳コピができるようになりました。
 単音でしかやっていませんが、やろうと思えばできるのだということに気づきました。
 自分の好きな、けれど楽譜がない曲やフレーズも、弾けるとなると、すごく嬉しくて、なんでもできるんだなと思うと、気が楽になりました。

*水やり・里芋の手

 午後はいまや定番となったかにちゃんとの水やりがあって、すごく嬉しかったです。
 かにちゃんとの作業は、自然体でいられて、楽しくて、時間を忘れます。

 1人でうなぎとり畑の里芋に水をやっていたときがあったのですが、そのとき、いきなり誰かに頭を撫でられたと思って、かにちゃんがすごく速く帰ってきたのかと思ったのですが、違いました。
 ただ、里芋の葉っぱが頭に当たっただけのようでした。
 でも、その感触がものすごく人っぽくて、そのあとも何度か里芋の葉っぱに撫でられた感触がしました。
 里芋の葉っぱは、大きくてしっかりしていて、その上なめらかなので、そう思うのだと思います。ちょっと不思議な体験でした。
 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.