« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「理想とする音色」 えつこ




9月13日

 今週は、楽器の基礎をかためる週です。朝の作業の前の一時間、それぞれのパートで集まって基礎練習をします。
  とても濃密で短い時間です。短い時間だから、私の全てを楽器に集中させます。
 ゆりかちゃんがトロンボーンパートに戻って来てくれました。
 まちちゃんとほしちゃんがトロンボーン隊に入ってくれました。
 ゆりかちゃんは、ブランクがあったにも関わらず、安定感と包容力のある音を奏でます。
 ゆりかちゃんの奏でる音色は、ゆりかちゃんそのものです。楽器の音色には、吹く人の人格がそのまま表れるということを感じました。
 私は高音や派手なメロディーラインを吹くのはあまり得意ではありませんが、音楽全体を支える低音パートは得意です。
 耳に心地よい音でみんなの演奏を縁の下で力強く優しく支える、そんな奏者を目指しています。
 もっと人に優しくなれたなら、真面目で嘘のない働き者になれば、私の理想とする音色が奏でられると思います。
 音楽も気持ちを作る手段のひとつ。私は真面目な働き者になります。

 あやこちゃんが、金管パートの基礎練習を考えてくれました。
 私は、あやこちゃんのぶれないまっすぐなロングトーンが好きなので、その練習方法を知れてよかったです。
 バジングと言って、楽器をつけずに唇の振動で音階を出すことについて話してくれました。
 しばらくバジングをしてから楽器を吹くと、いきなり楽器を吹くよりも音がクリアになりました。基礎をしっかりとすることの大切さに気づかされました。

 アンサンブル練習がはじまり、一秒でも多く曲の練習がしたいと焦り、基礎をおろそかにしてしまいがちです。
 より美しい音を吹くためにも、最低30分の基礎練習を習慣にします。
 トロンボーンパートの最大の課題は、アクセントをつけると音が割れてしまうことです。
 自己主張をするだけの音は美しくないです。
 トロンボーンを吹くのは、表現をするためです。
 美しい音楽を奏でなくては、トロンボーンを吹く意味がありません。
 より密度の濃い音を目指します。より密度の濃い日々を過ごします。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.