第213回「キャパシティを大きくしたい」

【質問】
 キャパシティを大きくしたい。
 一つ一生懸命になっていること(今であれば、浴衣係や、ウィンターコンサートの喫茶係)があると、それだけで頭の中が一杯になってしまい他のことがおろそかになります。畑チームで集まっていても作業をしていても、集合でお父さんのお話を聞いていても、集中しきれない感覚があります。どうすればキャパシティを大きくすることができますか?

自分の答え
 一生懸命になっていることに関して全てに力を入れ過ぎ。力を入れるところと、抜くところのメリハリが必要。

 
 

【お父さんの答え】
お父さん:
 なるほどね、人間のキャパシティというのは、変えていけないと僕は思うんですよね。
 「一生懸命になっていることに関して力を入れすぎていて」と自分の答えにありますけど、力を入れているかどうかというより、頭の切り替えができているかどうか、という感じがします。
 人って、ちょっとのことで頭が一杯になっちゃうのは誰も一緒で、キャパシティは誰もそんなに大きな違いはないという感じがしますね。
 だけどいつも言うように、頭の中を外側の認識に向けて使っているか、自分の内側で自分のことを考えるなどして、自分の内側で使っているか、その配分のほうが大事な気がしますね。
 この人はどうかというと、ここまで読んだだけですぐわかりますよね。お父さんの話に100パーセントを向けてない。つまり頭の内側での作業比率が大きいんですよね。
 それは頭の切り替えの出来にくい人ということです。
 切り替えの出来やすい人は、内側ゼロ、外側100パーセントで使えるので、常に目の前のことに集中できる。お父さんの話を聞いてるときは100パーセントお父さんに注意を向けることができます。
 これはどうしたらいいのかなというと、自分のキャパシティを大きくする、じゃないんです。目の前のことに常に頭を100パーセント使える人になればいいということです。
 例えば、集合で、お父さんお母さんの話を聞く場合には、後ろの方に座らないこと。
 こういう人に限って、考え事をしながら人の話を聞きたいので、後ろに座る傾向があります。後ろに座ると目立たないので、そのぶんだけ考え事をする余裕ができちゃうわけですよ。お父さんの目の前に座って、考えごとをして、(明日の朝ごはんは何かな)と考えながら聞くというのは難しいですよ。

 

お母さん:
 ここで考え事してる人いるよ(お母さん自身を指しながら)。隣で。

 

お父さん:
 うん。それは……それはちょっと、また違う種類の人だね。
 お母さんがお父さんのすぐ隣で考え事してるというのはわかる。お母さんも何か言いたくてたまらない。表現したいんですね。ところが脇に座ってるものだから、僕の話を聞かないといけない。聞くのが腹立たしいので別なことを考える。
 自分がしゃべるんだったら喜んでしゃべるけど、僕の話しの入力は受け付けたくない、そういう発想ですよね。
 究極の表現者というのはそうなのかもしれませんね。人の話は聞かない。人から教わらない。教えるのが上手な人は、教わるのは下手ですよね。
 みんなはどっちですかね。教えてもらうのが上手という人は、人に頼ったりするかも――。

 

あゆ:
 でも両方できる人いると思うよ。
 そんな極端じゃない、いるよ。ねえ。上品に、両方できる人いるよ。

 

お父さん:
 考えてみたら、いるな。確かにいる。考えてみたら。
 僕は、教えてもらうのが苦手。

 

お母さん:
 両方できる。お母さんは。

 

お父さん:
 じゃあこの人の答え、お母さん、続きでね。キャパシティを大きくできないから、切り替えを早くする。目の前のことに集中できるよいにするにはどうしたらいいか。今までの考えを捨てる、横にすぐ置くことができる。
 例えば朝起きるでしょう。起きて、いつまでもね、「お母さん、聞いて、さっき昨夜の夢なんだけどさ」って夢を引きずりたい人は、だめ。夢は忘れる。起きたんだから。

 

お母さん:
 お父さんは、今朝、夢の話しをお母さんに言った。

 

お父さん:
 今日、確かにちょっと言ったね。
 いやいや、夢というのは、なんでかというと、今度のウィンターコンサートのストーリーの夢を見てたのよ。夢でストーリーを考えていたんだよ。

 

お母さん:
 言ってみて。すごいで。

 

あゆ:
 メモした?

 

お父さん:
 いや、途中までコンサートのストーリーの夢を見てたのに途中からなぜか僕が講談社の社員になっていた。「ちょっといい仕事があるよ」って言って就職を斡旋してくれた人がいてね。僕はまだ若い歳なわけ。なんの仕事かわからないけど、ああそれはいい仕事だとなって、仕事が決まったから飲みに行こうと言って。それがカラオケで、ボッタクリのカラオケスナックみたいな所で、ボッタクリといっても大した金額じゃないんだけど、その人はお金持ってなくて、たまたま僕がお金持ってたので、お前タクシーで帰れ、僕は電車で帰る、と言って。地下鉄の案内を見て地下に入っていったら、今度は別のスナックに入っていっちゃって、なかなか電車に乗れないのよ。そんな夢。

 

あゆ:
 その前のコンサートの夢はどうしちゃったの?

 

お父さん:
 それを語ってるうちにその前に見ていたコンサートの夢が消えちゃった。
 あの、ストーリーをずっと夢で見ていたのに、事件が起きないのよ。事件が。
 あのね、だいたいみんな聞いてる人もいると思うけど、大体のあらすじとしては、……(まだ秘密です)……っていうようなことなんだよね。
 ほとんど今、作ったようなもんですけどね。
 やっぱり聞き役がいると、喋って面白がらせてやろうという気になるんだけどね。
 お母さんと2人で考えていると……。

 

お母さん:
 ごめんなさい。
 お母さん、あとからアクセサリいっぱい付けるから。

 

お父さん:
 お母さんはね、そうなんだよ。これ入れよう、これ入れようって。
 お母さんに言ったのね。「『これいいでしょ、いいでしょ』って言うけど、お母さん、外出する服を決めるときに、アクセサリを決めてから服を決める? そうじゃないよね、服を決めてからアクセサリでしょ?」
 コンサートで言えば、メインのストーリーが服で、小道具は、アクセサリでしょって。
 こんなの入れよう、あんなの入れようっていったって、ストーリーがないのに、どんなのあんなのってそればかり言ってもしょうがないでしょ、って。
 お母さんは、早く、とにかく中身作れって。それを弄くりまわすのが好き。
 ストーリーはそんな簡単にできるものじゃない。
 それで何だっけ、今日の質問って。
 ああ、そうだった。あのね。キャパシティじゃなくて、こういう人は、その内側で作業しちゃう。頭の内側で作業しちゃうんだね、仕事をね。何かの係でも。頭の内側だけで作業すると、他の人とのコミュニケーションが取りにくくなるのよ。
 頭を外側に向けて使っている人は、常に誰かとコミュニケーションをとっている。常に表現したりコミュニケーションしたりだけ。頭の内側の作業がないわけだから。

 あとね、僕ね、お母さんは、人生そのものが外側の人だと思うわけ。
 なんでかって言うと、ボランティアさん集めるでしょ。ボランティアさんがこのくらい集まっちゃうと、「私、ボランティアで来たんですけど、何かやることないですか」って必ず言うわけ、みんな。仕事がないとつまらない、手持ち無沙汰になっちゃう。
 お母さんの得意なのは、私できないから、私知らないから、みんな手伝って、というのが得意なのね。
 それで、この人に、これやって、これやって、これやって。……やってることは、発注という仕事なわけ。次々に発注する。みんなにやってもらう。終いには僕までいつの間にか使われている。教えてたはずが、僕もいいように使われてる。

 

お母さん:
 ふふ。やっとわかったの。

 

お父さん:
 お母さんが「料理ちょっとだけ手伝ってくれる? お母さんはこれやってるから目玉焼きやってくれる?」
 目玉焼きなら簡単だなって、ジューッて焼く。
「おいしい、この目玉焼き……端っこのパリパリしてる加減、これ、私、作れない。こんなおいしい目玉焼き初めて。すごい」
 って。
「そっか、そんなに美味しいのか……それほどでもないと思ったけど。もしよかったら、また僕が目玉焼き作るよ」
 これだよね。これだよ。何係でも。何係でも、これをやらなきゃだめよ。これやって。これやって。うわあすごい上手ーみたいなね。わあすごい。そうやってみんなをやらせる。いつも外向きでしょ。ね。次は誰に何をやらせようか。外のアンテナを張り巡らせる。お母さんの人生は、全部それです。
 あの、ある程度、ある程度ね、物事の道筋を知ってたり全容を把握してないと、頼んだりすることが、意外とできないんですよ。
 だから作業全体のあらすじだけを把握してる。細かいところまで入り込まない。あとは誰に何をやってもらおうかっていう、それだけ考えているとね、キャパシティは大きくする必要ないけど、全体を掴むことができるし、どうせ人に頼むんだから細かな事は忘れちゃって、次のことを考えると、次に向かいやすい。
 そういうふうな頭の使い方をするといいでしょう。外向きに使う。それがこの問題の解決策ですね。









第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」

第1回から第65回までの「お父さんにきいてみよう」は、
こちらからご覧いただけます!
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.