« ★前のページ  ||  ★次のページ »

「お父さんのトラクターがけ」 ななほ




9月7日

・絵に描きたくなる野菜

 今朝はチームのみんなと、オクラとゴーヤの収穫とゴーヤの病気葉摘みに野菜の手入れを進めました。
 私はゴーヤは最近は「待つ」と言う方針で収穫を進めていて、今までは小さくても収穫してしまっていたゴーヤが、良い感じのサイズになって良かったです。
 野畑の白いゴーヤは少し復活してきました。
 真っ白で透明感があって、絵に描きたくなってしまうような野菜達が本当に可愛くて、10月までゴーヤが取れるように頑張りたいです。

 オクラも少し収穫基準を変えて、人差し指サイズから10㎝目安で収穫をしました。
 その後はみんなとビワの木畑のゴーヤの病気葉摘みをして、お父さんの気持ちをイメージしながら、病気の葉っぱを光合成ができる程度に積みました。
 1畝に7人位の人が入って、今朝は3畝のゴーヤの病気葉摘みが進められて良かったです。

 他にも最後に1人1袋持って、崖崩れ畑に米ぬかの元肥入れをしたり、ヒョウタンカボチャの整枝・誘引・防除や二重ハウスの元肥入れをしました。
 お仕事組さんのゆずちゃんが朝の作業に来てくれて、ゆずちゃんが軽トラックを出してくれたり、米ぬかの元肥入れもお父さんがもう一度、トラクターをかけて下さると言ってくれて、安心して入れることができました。
 また、今朝はAチームさんのピーマンが6コンテナ以上も収穫ができたそうで、80キロのピーマンがすごいなと思いました。

・究極の草取りツアー

 午前は柔軟体操・ウォーキング練習・発声練習のウィンターメニューの後に、やよいちゃんの指揮でみんなと草取りツアーに行きました。
 まずは崖崩れハウス前下畑の大きな大きな畑だったのですが、18人位の草取り部隊と一緒に声をかけあいながら、猛スピードで草を抜きました。
 私はカマよりも手で抜く主義の人なのですが、手でも根っこからスカッとヒエや自生したエゴマの木などを抜くことができて、スッキリしました。

 崖崩れハウス前下畑は30分程度で終わって、お次は新いいとこのこれまたビックサイズの畑でした。
 でも1畝ずつ、みんなで等間隔に並ぶと予想以上にスムーズに進んで、やよいちゃんが上から指示をしてくれながら、みんなのヘルプにどんどん回る事ができました。
 新いいとこも30分程度で終わったら、今度は山畑西です。この畑も広いのですが、30分以内の終わって、一旦お茶休憩をしました。
 今日も暑くて体中から汗がにじみ出てきたのですが、やっぱり汗をかいて、水分を補給すると、ジワーと身体に嬉しさと水分が行き渡ります。

 そしてラストは夕の子畑の黒大豆。
 夕の子畑は畑も大きいし、今年一番の草取り緊急レベルだったのですが、無事に午前に終わらせることができました。

 12時の鐘が鳴った時は、まだ残り10畝位だったので、「終わるかな?」と思ったのですが、やよいちゃんが「昼食までに終わらせます」と言ってくれて、自信が湧いてきました。
 結果的に少し昼食の時間は遅れてしまったのですが、お父さんがスパイクの話でみんなの待ち時間を楽しくして下さっていて、家族みんなで昼食が頂けて嬉しかったです。

・明るい空気で

 午後はアセスメント演奏の後に、初めて大人数作業のリーダーをさせて頂きました。
 作業時間が2時間しかなかったのですが、草取りツアーと吉畑奥の畝立てができて良かったです。
 草取りツアーではリュウさんやまあちゃんに、お仕事組さんのゆずちゃんとどれみちゃん達がいて下さって、いつもよりも明るくて活気のある空気が流れていました。
 河原小麦畑の小豆の草取りは目標が15分だったのですが、みんなですると10分で終わって、達成感を感じました。
 私は全体を見る為に、みんなと反対側の畝の草取りを進めたのですが、私が1畝の草取りを終わらせたら、みんながもう目の前まで来ていて、すごく驚きました。
 「終わった人から声掛けお願いしまーす」と言うと、みんなが「ハーイ」と返事をしてくれたり、りゅうさんが「次の畝入りまーーす!」と不思議なイントネーションで声をかけてくれて、明るい空気が楽しかったです。

 その後は諏訪神社畑の黒大豆の草取りをして、この畑は20畝近くも長い畝があったのですが、何故か6分で終わってしまいました。
 20分目標で終わるか心配だったのですが、まさかまさかの展開でみんながものすごく早くて、元気に進めてくれて、一緒に作業をしていても笑顔が止まりませんでした。
 移動中はりゅうさんドライバーの車で、まあちゃんやあやこちゃん達と、『オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ』や『君が生まれた日』を熱唱したり、ずっと明るくて楽しい空気が流れていました。

 草取りツアーの後は、玄関下でお茶休憩をしたり、みんなでずっとやりたいと思っていた「この雲は何でしょうゲーム」をしました。
 正解があって、無い様なゲームなのですが、「あの雲は何でしょう?」と言うとみんなが楽しそうに、「車じゃない」「ゾウだよゾウ!」「ヘビに見える」など一緒に遊んでくれて楽しかったです。 
 その後はラストスパートで吉畑奥の畝立てをしました。人数も10人で、時間も1時間だったのですが、無事に畝立てと畝ならしが終わりました。

 畑に着いた時、ライン引きをしていなかった事に気が付いて心の中で焦ってしまったのですが、予定通りのようにけいたろうさんにメジャーを渡しました。
 みんなを待たせるのが嫌だったので、即席でライン引きをみんなとして、畝と畝幅の長さを合わせた所にメジャーを伸ばして、みんなにクワでラインを引いてもらいました。
 そこでも右に引くか、左に引くかデ少しみんなを迷わせてしまったのですが、無事に真っすぐなラインが引けました。

 畝立てが始まって、少し畝がガタガタになってしまったところもあったのですが、お父さんがトラクター掛けをして下さったお陰で、今までで一番、フカフカで優しい土でした。
 クワを入れただけで土がとれるし、掘っても掘っても土が出てきて、畝立て機よりもトラクター掛けだけの方が良いかもしれないなと思いました。
 ものすごく高畝で、フカフカの白菜ベットができて、明後日に定植される白菜が嬉しそうです。
 最後にはOMTをしていたさやねちゃんとれいこちゃんも来てくれて、みんなと一緒に一から畝を立てることができました。

 吉畑奥は畑が四角じゃないので、真っすぐの畝を立てるのが難しかったり、畝が途中で切れてしまう場所もあって、すごく大変でした。
 リーダーをさせて頂いて、みんなの質問に的確に答えられないのが少し悔しかったり、畑の事で新たな改善点などもたくさんあったのですが、みんなが協力してくれて嬉しかったです。
 水菜の定植チームのみんなが吉畑奥の横を通った時に、「すごく綺麗。ものすごい高畝だね」と声をかけてくれたのも嬉しかったし、やっぱり汗をかいて畝立てをするのは、すごく楽しいです。

 夕方には当番の後にしほちゃんに野菜の水やりの事を確認させて頂いて、すごく頭の中がスッキリしました。
 やよいちゃんも畝立ての作業を入れてくれて、本当に助かったし、また吉畑下の畝立てをするのも楽しみです。(今度は事前にライン引きをします)
 夜には、あやかちゃんが丁寧に教えてくれて、少しハマってしまったので、みんなの分まで4枚の浴衣の畳みをしました。
 もう来年の夏まで浴衣を触れないと思うと少しドキドキしたのですが、しわが絶対にできないように畳みました。
 洗った浴衣を干したときも、上から下までぴんぴんして、浴衣の裾もしわができないようにできて、良かったです。

 少し途中なのですが、今からチームの集まりをします。今日も一日ありがとうございました。

 

« ★前のページ  ||  ★次のページ »







登録を解除される場合は、こちらをクリックください。




Copyright © なのはなファミリー―摂食障害からの回復施設―. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress sozai by :night on the planetヒバナ
Side effects medicine online pharmacy enter your Health Record number. Best-quality discount drugs http://online-pharmacy-rx.com `[!: Canadian drug stores works with a drugstore. Order and buy medicines through the Internet for the lowest prices in canadian pharmacy <;< generic viagra : Announcements of new drugs. Shares. Best price.